WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 巨大複合施設群の中の温泉施設 宇都宮にあったつかの間の大衆演劇場 「ふくろう乃湯」
FC2ブログ

巨大複合施設群の中の温泉施設 宇都宮にあったつかの間の大衆演劇場 「ふくろう乃湯」

巨大複合施設群の中の温泉施設 宇都宮にあったつかの間の大衆演劇場 「ふくろう乃湯」


私がこれまで公演を観劇した大衆演劇場を数えてみますと171か所でした。
本ブログはその探訪記録・旅日記です。

このブログをいつ書くか、次にどの劇場を書くかは気分次第。
生来、言葉を生み出すのが苦である私は、ブログの更新が滞りがちで、探訪して1年以上経ってからその劇場の記事を書くこともざらです。
どの劇場をブログに書いて、どの劇場を書いていないかなどリスト化しているわけでなく、頭の中で思いつくままにブログを綴っています。

先日、本ブログの左のカテゴリ欄を眺めていましたら、ブログに書いたと思っていたのだけれど、実はアップしていない大衆演劇場があることに気づきました。

それは「ふくろう乃湯」
探訪したのは2017年8月。今から3年以上前です。
しかもふくろう乃湯は2019年3月に閉館してしまいました。

今さら感がはなはだしいですが、3年半前の探訪メモを頼りに、「ふくろう乃湯」をレポートいたします。

* * *

「ふくろう乃湯」はかつてインターパーク宇都宮南(※)にあった日帰り温泉施設です。

※インターパーク宇都宮南(インターパークうつのみやみなみ)は、栃木県宇都宮市と同県河内郡上三川町に跨がる地区に開発された、複合型工業流通団地である。施行者は都市再生機構(UR都市機構)。[Wikipediaより]

「ふくろう乃湯」では2016年6月から2018年10月まで大衆演劇公演が行われていました。

fukurou03.jpg
宇都宮駅

fukurou05.jpg
駅前からインターパーク行きのお買い物専用無料シャトルバスが出ています。
30分おきに発車します。私は一番早い9:30発の便を狙って来ました。
すでに何人か並んでいる模様。

fukurou07.jpg
私が乗り場に着いた9:10にはすでに40人くらいが並んでいました。
9:20にバスが到着し、私はギリギリ座ることができました。座れなかった人は立っています。運転手さんから立つ人は2列になるようアナウンスがありました。

fukurou10.jpg
たくさんのお客さんを乗せたシャトルバスは20分以上かけ目的地に到着しました。
インターパークはとても大きい。敷地内に3か所もシャトルバスの停留所があります。「インターパークスタジアム」で下車。

fukurou13.jpg
バスを降りてふくろう乃湯を目指します。

fukurou15.jpg
ふくろう乃湯の駐車場。
「県内最大級」の日帰り温泉施設を謳っているだけあってとても広い。

fukurou17.jpg
ふくろう乃湯の建物。あんまり健康ランドっぽさがない。

fukurou20.jpg
ふくろう乃湯の入口。装飾や掲示が少なくあんまりリラクゼーション施設の入口っぽくない。

fukurou23.jpg
中に入ってみれば、まごうことなき温浴施設。
とてもキレイです。

fukurou25.jpg
1階にはお風呂とレストランがあります。

fukurou27.jpg
大衆演劇場(大広間)は2階

fukurou30.jpg
大広間入口。

大衆演劇
昼公演 開場12:00 開演13:00
夜公演(土日・祝日) 開場17:00 開演18:00

という掲示があります。

fukurou33.jpg
開場を待つお客さん

fukurou35.jpg
大衆演劇観劇者に渡されるストラップ。
観劇後に大広間出口で返却します。

fukurou37.jpg
大広間後方より

fukurou40.jpg
座席は160以上あります

fukurou43.jpg
横から見た大広間

fukurou45.jpg
座布団がびっしり並んでいる。

fukurou47.jpg
座椅子を使うとこんな感じ。
足を伸ばすことはおろか、あぐらをかくにも窮屈だ。
お客さんのつろぎよりもキャパシティを優先している。

fukurou50.jpg
受付
レンタル座椅子100円
缶ビール、缶チューハイ 共に300円

fukurou52.jpg
公演中の様子。
この日の劇団は橘小竜丸劇団鈴組。
そう、私は橘鈴丸座長の追っかけでここに来たのです。

fukurou53.jpg
橘鈴丸座長。
この日の芝居は「喧嘩屋五郎兵衛」でした。
五郎兵衛(鈴丸座長)が刀に映る自分の顔を見て、そのおぞましさに自分で驚く、という演技がよかった。

fukurou55.jpg
八百源を演じたのは桜木八重子さん。
芝居の筋を締め、かつ味わいのある素敵な演技でした。

fukurou57.jpg
帰りもシャトルバスに乗って宇都宮駅へ。
それにしても広大な施設、駐車場でした。

「ふくろう乃湯」閉館後、その施設は「宮の街道温泉 江戸遊」という温浴施設に生まれ変わりました。
残念ながらこちらでは大衆演劇公演は行われていません。
ウェブサイトを見る限り江戸遊はゴロ寝を重視していて現代のニーズに合っていると個人的には思います。
健康ランドも大衆演芸場も、単に「お風呂」や「芸」を提供するだけでなく、これからはより現代に沿った「くつろぎ」のスタイルを模索し提供する意識が必要だと考えています。今のトレンドとしては「気兼ねなくだらりとくつろげる」時間や空間を意識的にデザインすることが肝要だと思っています。古めかしい施設を新しくリニューアルすればよいというものでもありません。「キレイだけどくつろぎにくい」施設を多く見てきました。無機質な施設はあまりうまくゆかないと思います。

ここ10年で北関東の大衆演劇場が次々なくなっています。
栃木県にも大勢の大衆演劇ファンがいらっしゃると思います。
新たな大衆演劇場の誕生を待ち望まれます。


(2017年8月探訪、2021年2月執筆)

コメント

非公開コメント

プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR