WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 別府鉄輪温泉の大衆演劇場 「ヤング劇場」 が2020年3月末に閉館
FC2ブログ

別府鉄輪温泉の大衆演劇場 「ヤング劇場」 が2020年3月末に閉館

別府鉄輪温泉の大衆演劇場 「ヤング劇場」 が2020年3月末に閉館

別府鉄輪温泉にあるヤングセンターが2020年3月末をもって閉館するそうです。
ネットのニュース記事によるとヤングセンターは1953年創業。ですから半世紀以上の歴史を持つのですね。
2019年9月に閉館することを従業員に伝えたとのこと。

そんなこととはつゆ知らず私はまさにその2019年9月にヤングセンターを訪ねていました。
その時の様子からして、私が行った時点ではまだ閉館が知らされていなかったのだと思います。

またひとつ昭和の雰囲気いっぱいの味わい深い大衆演劇場の灯が消える。
名残惜しさを胸に惜別のレポート綴りたいと思います。

young2_03.jpg
2019年9月私は九州大衆演劇場めぐりの旅をしていました。
別府駅西口から「鉄輪温泉・地獄めぐり 行き」のバスに乗りヤングセンターを目指します。

young2_05.jpg
鉄輪温泉バス停付近の案内板。
観光地は山の中腹の斜面に広がっています。その中央部にバス停。その上の方は「地獄」と呼ばれる温泉噴出口が点在しています。

young2_07.jpg
バス停から温泉街のメインストリートを下る。
道の両側にヤングセンターの看板。

young2_10.jpg
ヤングセンターが見えてきました。

young2_13.jpg
世界一の噴気沸騰泉と書かれた看板。
ヤングセンターも3つの温泉源泉を持っています。

young2_15.jpg
ヤングセンター

young2_17.jpg
ヤングセンターの大衆演劇場はいつからかヤング劇場と名乗るようになりました。

young2_20.jpg
役者の顔が大きく飾られたインパクトある看板。
長い間、毎月この看板を架け替えてきたのでしょう。

young2_23.jpg
来月以降の劇団予告看板

ヤング劇場に入りますとすぐ右手にフロントがあります。

young2_27.jpg
入口入って左手には階段があります。靴は階段の左側に靴箱に入れればよい。

young2_30.jpg
階段の上の休憩所。

young2_33.jpg
階段脇に靴箱がありましたが階段上にも「はき物ロッカー」があります。使用料100円。
わざわざこのロッカーを使う人がいるのでしょうか、と疑念に思った私はわざわざこのロッカーを使ってみました。
いまどき100円がかえってこないロッカー、むなしい。

young2_35.jpg
建物入口入って正面に温泉入口。

young2_37.jpg
温泉入口右手に掲示されていた演目案内とゲスト予告。
今月は澤村慎太郎劇団。本日昼の部の演題は「修善寺の決闘」

young2_40.jpg
劇場入口

young2_25.jpg
ここから先、劇場内はスリッパを脱ぎます。
松の木の絵をバックに昼夜2回公演を案内するポスター。
ヤングセンター内はかわいい絵の掲示が多い。

young2_43_2.jpg
劇場内。薄暗い。

young2_45.jpg
劇場後方。
貸出用の座椅子と座布団が積まれている。
この上方には私が入ったことがない2階席。

young2_47.jpg
暗い劇場内に浮かび上がるように存在している売店

young2_50.jpg
ビール、酒、焼酎も売っている

young2_53_2.jpg
幕の絵は私が以前訪れた時と変わっている。
舞台前にでているせり出しもこの劇場の特徴。

young2_55.jpg
せり出し舞台からトラロープが客席後方まで伸びている。
ただロープが置いてあるだけだが、役者が通るのでロープの間は座らないでね、というメッセージは十分伝わる。

young2_57.jpg
花道

young2_60_2.jpg
照明が灯ると劇場らしい雰囲気になってきます。

young2_63.jpg
ミニショーが始まりました。

ミニショー後の休憩時間にYシャツにネクタイ姿の従業員さんが舞台前に出てきてお客様にご挨拶。毎回公演中にご挨拶しているのでしょう、かなり慣れていてすらすらと親しみある口調でお客さんに語りかけます。この「息子」と呼ばれている方がヤングセンター社長の息子さんなのかなと推測しました。
「息子」さんが物販を始めました。シール式のはりと「まむし油」という塗り薬。ヤングセンターはヤングをメインターゲットにしたセンターではない。あちこち身体に不具合が出始めたオールドのための娯楽場。

young2_65_2.jpg
私はどちらも購入しました。それぞれ千円。
「自分で出来る!ヤングのはり」
「伊吹山特産 天然要素 ヤングのまむし油」
こういうあやしげ?な健康グッズを売っていても違和感がない。それが日本の旅芝居小屋。

旅芝居は人々の暮らしとともにある演劇だ。
大衆演劇場は人々の暮らしの場だ。
こういう劇場があることを、世界の演劇研究者(あるいは劇場研究者?庶民文化研究者?)が取材にこないものか。

young2_67.jpg
第二部お芝居に続き第三部舞踊ショー

ニュース記事によると土地・建物はホテル事業などを手掛ける東京都内の企業に売却するのだとか。
ということは温泉旅館としてリニューアルされるのだろうか。だとしたら大衆演劇場が復活する可能性があるかも?
閉館の理由は経営者の高齢化とのこと。えっ?ではあの時の「息子」さんは一体…。

ヤングセンターは大きな温泉街の中にはありますが演劇場としての立地はあまりよくないと思います。けれども毎年人気劇団も乗り長年愛され続けてきたのは、常連の団体さんが多くいらっしゃったからでしょう。逆にいえば、昨今は団体客を呼び込むのが難しくなっているのかもしれません。
でもあの屋外の看板を見れば社長さんが情熱をもって大衆演劇場経営に力を注いでいたことがわかります。
味わい深い大衆演劇場がなくなってしまうことが残念でなりません。
長い間本当にお疲れ様でした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR