WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 オフィスビルの中のテーマパーク 「梅田呉服座」
FC2ブログ

オフィスビルの中のテーマパーク 「梅田呉服座」

芝居小屋「呉服座」を池田に復活させたオーナーが、自分が生まれ育った土地にも劇場を作りたいという思いをかなえ、
2013年5月に大阪の中心地梅田に大衆演劇場が誕生しました。
それが「梅田呉服座」です。

umedagofuku05.jpg
梅田駅・大阪駅には広大な地下街があります。東京在住の私はこの地下街を歩くとたいてい自分の位置感覚を見失ってしまう。
梅田呉服座に行くには地下街のイーストモールにある「泉の広場」が目印。
ここからM14階段を上ります。

umedagofuku10.jpg
地上に出るとすぐにプラザ梅田ビルがあります。
みてのとおりのオフィスビル。この中に梅田呉服座があります。大衆演劇の時代の流れを感じます。

umedagofuku15.jpg
エレベーターで5階へ。

umedagofuku20.jpg
梅田呉服座に入りました。
内装はとても和風・江戸風で大衆演劇場に来た気分を存分に味わえます。

umedagofuku25.jpg
売店。
雰囲気がでていていいですね。

umedagofuku30.jpg
場内。一目見て素晴らしい劇場だなと思いました。
洗練されたデザインといい、格調の高さといい、ここでも新しい時代の大衆演劇を感じました。

umedagofuku35.jpg
左後方から。写真より実際現場で見た方が舞台が近く感じます。

umedagofuku40.jpg
舞台

umedagofuku45.jpg
公演中の様子。
最前列の客席より。
(広角で撮影したので人物が実際の見た目より小さく写っています)


私は、年輪を重ねて渋さがにじみだし朴訥な味わいを醸している下町の建物なんてのが好きですが、内装やデザインに趣向を凝らし「ふだんと違う世界」を演出している場にいることも好きです。ただし演出の結果「すべてが調和している」ことはとても大事です。
梅田呉服座の調和のとれた空間は、さながらオフィスビルの中のテーマパークといったところで、私を楽しい気分にさせてくれました。


ところで、梅田呉服座のあるビルは「曽根崎東」という交差点の近くに建っております。ビルの西および南に曽根崎の土地があります。
「曽根崎心中」ゆかりの地、お初天神=露天神社(つゆのてんじんしゃ)にも寄ることにしました。

近代的な大阪駅の近くにこんな庶民的な商店街があったのかと思わせるお初天神通り商店街を進みます。商店街のつきあたりが露天神社。

ohatsutenjin01.jpg
お初と徳兵衛の像。

元禄16年(1703年)]4月7日、堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が露天神社の天神の森で情死する事件が起きました。この事件を近松門左衛門が「曽根崎心中」として劇化しました。
私は、徳兵衛:宇崎竜堂、お初:梶芽衣子、監督:増村保造の映画「曽根崎心中」に強烈な印象が残っています。情死のシーンに表現された哀切さ、画面の迫力に鳥肌がたちました。

ohatsutenjin02.jpg
曽根崎心中ゆかりの碑

そういえば私は大衆演劇で曽根崎心中を観たことがありません。いつか梅田呉服座で曽根崎心中が観れたらいいなと思います。

(2014年6月探訪)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

いつも、楽しみに見ています!

最初は、検索で見つけたんですけど、いつも更新を楽しみに拝見しています。小岩湯宴ランド、浅草木馬館、別府ヤングセンター、杵築衆楽館。大衆演劇を観ている場所です。
曾根崎心中は、劇団朱光が、十八番でやってますね。小岩で、毎年観せてくれます。

Re: いつも、楽しみに見ています!

コメントありがとうございます!
劇団朱光が十八番なんですね。観たいです。でもここのところ朱光は私のホームの大島劇場にのりません。小岩にきた時にチェックします。
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR