WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 2023年07月
fc2ブログ

トークイベント 「橋本正樹が熱と力で語る旅芝居≪ワールド≫」(2023.7.17) レポート

トークイベント 「橋本正樹が熱と力で語る旅芝居≪ワールド≫」(2023.7.17) レポート

2023年7月大阪にて貴重なイベントが開催されました。

大衆演劇について長年研究され、数多くのルポルタージュを執筆された橋本正樹さんから直接お話しをうかがうという素晴らしい企画です。

donchou_2307_01.jpg
イベントのチラシ

チラシにも記載されている、橋本正樹さんのプロフィールをここにも記します。
1947年兵庫県尼崎市生まれ。
明治大学文学部演劇学専攻卒業。
大衆演劇研究の先駆者であり、第一人者。
1985年放送のNHK朝の連続テレビ小説
「いちばん太鼓』の考証を担当。
河内音頭の普及に尽力。
中国・上海、アメリカ・ラスベガスや
東京・国立小劇場、錦糸町大盆踊り大会など
国内外の公演をマネージメント。
作詞した河内音頭は十数作を数える。


このイベントに参加してきましたので、当日の様子をご紹介したいと思います。

donchou_2307_03.jpg
会場となった ちんどん通信社(㈲東西屋)社屋
ちんどん通信社はその名のとおりちんどん屋の団体です。

donchou_2307_05.jpg
会場
とてもなつかしい感じがする室内です。

donchou_2307_07.jpg
めくり

donchou_2307_10.jpg
橋本正樹さんといえば、大衆演劇雑誌「演劇グラフ」での旅役者列伝の連載でこのブログをお読みの皆さんにはお馴染みですね。
当日は連載をまとめた書籍「あっぱれ!旅役者列伝」「晴れ姿!旅役者街道」「風雲!旅役者水滸伝」を展示販売していました。

約20名の参加者のもと、14時に開会しました。

まずはじめに、この会場を提供してくださったちんどん通信社責任者の林さんからご挨拶がありました。
戦後に大阪にあったちんどん屋のエピソードをお話くださいました。そのちんどん屋の近くに旅芝居の小屋があり、そこからドロンしてきた幾人もの座員がちんどん屋に身を寄せていたそうです。
林さんも現在大衆演劇とはご縁があるようです。

続いて橋本正樹さんがお話をしました。
まず前半はご自身と大衆演劇とのかかわりについて述懐しました。

donchou_2307_13.jpg
橋本正樹さん

尼崎生れの橋本さんは高校時代にシナリオライターを目指し、大学入学と同時に上京しました。大学時代は旅芝居には縁がありませんでした。
大学卒業後、病気療養のために故郷に帰っていた際に、尼崎の寿座に行ったのが大衆演劇との出会いでした。
その後、心を奪われる旅役者と出会い、大衆演劇の世界を記録することを決意し、数多くの旅役者に密着取材をしました。

次に、橋本さんがこれまでに撮影した旅役者の写真がたくさんスライドで紹介されました。
旅役者についてあまりにも膨大な知識と経験をお持ちだからでしょう、ひとりの役者がスクリーンに映し出されるたたびに言いたいことがあふれ出てしまうご様子で、それを自制しながら多くの役者を次々と紹介されました。

その写真のごく一部を以下ご紹介します。
プロジェクターからスクリーン投影された画像をデジカメで撮影したものなので、画質が悪いことはご容赦ください。

donchou_2307_15.jpg
梅沢富美男

donchou_2307_17.jpg
浪花三之介
昔、紙テープが流行っていた頃の記録写真
浪花三之介先生は2023年6月にお亡くなりになりました

donchou_2307_20.jpg
勝小龍(小泉のぼる)
数十年前は多くの劇団が生バンドで演奏していました。

donchou_2307_23.jpg
橋本正樹さんと歌手のたかだみゆきさん。
何年前の写真なのだろう。
たかだみゆきさんは大衆演劇では「与ろずや紫舟(さいしゅう)」という名で活動されていました。
「与ろずや柴舟お目通り」は大衆演劇定番ソングですが、最近めっきり聞かなくなったような気がする。

後半は本日のテーマに話が移行します。
(本イベントは今後もテーマを変えながら開催してゆく予定のようです!)
今回のテーマは「美里英二」

私は残念ながら生で見たことがないのですが、かつて美里英二の追っかけをしていたという浪曲師の玉川奈々福さんからはその素晴らしさを聞いておりました。また、「俺は天下の旅役者 自伝・美里英二」を読んで、飾り気のない素直で温かな方だなという印象を私は持っていました。

昔は、前狂言・中狂言・舞踊ショー・切狂言の4本立ての公演だったそうですが、美里英二はどんなにお客さんが少なくても決して手抜きをしなかったそうです(橋本さんは美里英二の公演を数百回見ているそう)。
スーパースターだった美里英二も劇団旗揚げの頃は大変お金に苦労したそうです。

橋本さん秘蔵の記録も披露くださいました。
美里英二にインタビューした際の録音テープ。
美里英二(58歳で引退)の引退前の10日間を追ったビデオ。
たいへん貴重な記録。このイベントの価値の高さよ。

前半・後半のお話が終わり、参加者からの質問に橋本さんが答えるコーナーになりました。
大衆演劇にまつわるさまざまな質問に答えてくださいました。
その中で印象に残ったお話がいつくかあります。

大衆演劇が関西でさかんなのは、関西の人が芸事が好きだからだと思う。
関西のお客さんの、良いものは良い、悪いものは悪いとはっきりと言う性格が役者さんを育てた。

股旅物の芝居(三度笠の姿)が似合う役者が少なくなった。(これには私も共感)

16時、2時間にわたるトークイベントが終了し、最後は皆で三本締めで締めました。

donchou_2307_25.jpg
会場に展示されていた、橋本さんがお持ちの資料(インタビューノートなど)。
嘉穂劇場の木札(入場券にあたるもの)、寿座の下足札もありました。

donchou_2307_27.jpg
当日の配布資料。
橋本さんが母校の尼崎北高校の同窓会の会報に寄稿した文章のコピーと、橋本さんの大親友の岩田健三郎さん(橋本さんの著書の装丁もされている)の漫画(岩田さんが橋本さんの大衆演劇ルポの旅に同行した様子を描いた話)。

私はこの日初めて橋本さんにお会いしました。
たくさんの旅芝居ルポルタージュを読んで、情熱的で剛直で裏表のないはっきりした方という印象を私は持っていましたが、
実際お会いしてみますと、とても柔和でフレンドリーな雰囲気の方でした。
大衆演劇のどんなことを聞いてもあふれ出るようにコメントが返ってきます。生き字引とはこういう方のことを言うのだなと思いました。また、橋本さんの大衆演劇への愛情をあらためて感じました。

和気藹々とした楽しい会でした。
橋本さんはいろんな話題を頭の中で用意していたようだけれども、そのうち少ししかお話できなかったみたい。
是非、本企画をシリーズ化していただき、橋本さんの貴重なお話をもっともっとおうかがいしたいです。

donchou_2307_30.jpg
橋本さんからいただいた、旅芝居公演のポスターのコピー。
昭和30年代のもののようです。



待望の東京第三の大衆演劇専門劇場 「立川けやき座」

待望の東京第三の大衆演劇専門劇場 「立川けやき座」

現在日本で大衆演劇が最も盛んな土地は大阪でしょう。大衆演劇場の数が圧倒的に多い。
一方、日本には大都市がいくつもあるのに、大阪以外の都市には大衆演劇専門劇場はあまりにも少ない。

私が大衆演劇を見はじめた十数年前には首都東京には、篠原演芸場と浅草木馬館の2館しか専門劇場がありませんでした。
これだけ人口をかかえる東京でたった2館しかないのはいかにもさみしい。
そんななか、2015年に東京第三の劇場としてオープンしたのが立川けやき座です。

keyaki03.jpg
立川けやき座の最寄駅はその名のとおりJR立川駅。

keyaki05.jpg
立川駅の北口を出るとそこは地上2階。正面に伊勢丹が見えます。

keyaki07.jpg
伊勢丹のビルの左側の通路へ。

keyaki10.jpg
交差点が見えるまで歩道を進みます。

keyaki13.jpg
交差点まで来ましたら、国際製菓専門学校が入っているビルの左側の道路を目指します。

keyaki15.jpg
曙町場内酒場を通り過ぎてしばらく進みます。

keyaki17.jpg
道路の右側に立川けやき座があります。

keyaki20.jpg
立川けやき座の建物正面より

keyaki23.jpg
入口

keyaki25.jpg
入口入ってすぐ左手に受付があります。

keyaki27.jpg
受付の奥には売店があります。
この写真は売店近くから入口方向を見たところ。

keyaki30.jpg
けやき座売店

keyaki33.jpg
劇場に向かう通路には、劇団座員の写真と名前が掲示してありました。
劇団員連名表さえ掲示していない劇場が多いですが、写真付きで劇団員を紹介いただけるのはありがたいです。

keyaki35.jpg
廊下の先にある演劇場に入りました。広い。

keyaki37.jpg
床は木のフローリングですが、靴のまま入れます。

keyaki40.jpg
客席一番前の座椅子席スペースは靴をぬいであがります。

keyaki43.jpg
立派な花道

keyaki45.jpg
花道に囲まれたエリアに桟敷席があります。

keyaki47.jpg
客席前方から後方を見たところ。

keyaki50.jpg
場内後方の客席

keyaki53.jpg
前方座椅子席・桟敷席以外はこのような椅子席です。
場内はところどころに段差があり後方が高くなっていますが、床面すべてに傾斜があるわけではありません。

keyaki55.jpg
そのため、同じ高さの床の客席は、このように脚の短い椅子の後ろに普通の脚の長さの椅子を置くという工夫をしています。
舞台の見やすさでは、前の席の人の頭が気にならない分、脚の短い椅子席の方がよいです。
が、脚の短い椅子席は座り心地が悪い(※私個人の感想です)。

keyaki57.jpg
カップホルダーと荷物かけフックが取り付けてあるのはうれしい。

keyaki60.jpg
公演中の様子

立川けやき座は2015年8月1日にオープンしました。
実は私はまさにこのこけら落としの当日に立川けやき座で観劇しました。
現在このブログを書いているのは2023年7月。
何故このブログで紹介するのが遅くなってしまったのかといいますと、こけら落とし公演の日に撮った写真が入ったSDカードが行方不明になってしまったからなのです。いつかは見つかるだろう、見つかったらブログを書こうと思って放置したまま今になってしまいました。もうSDカードはあきらめました。
こけら落とし公演に一緒に行った妻のカメラのデータを確認したところ、当日の写真がいくつか見つかりましたので紹介します。

keyaki63.jpg
立川けやき座 杮落とし特別公演
劇団朱光 夏の演劇祭り
8月1日~30日昼まで

と書かれた看板。こけら落とし公演は劇団朱光がつとめました。

keyaki65.jpg
劇団朱光による三番叟

keyaki67.jpg
水葉朱光座長

keyaki70.jpg
入口付近にある案内板。
こけら落としの日のお芝居は、
昼が「花街の母」、夜が「祇園祭りの夜」

当時は木戸銭が1,600円でした。

keyaki73.jpg
これは2023年5月の案内板。
木戸銭は2,000円に値上がりしました。

東京多摩エリアにある唯一の大衆演劇場。
東京西部の大衆演劇の拠点としてずっと賑わい続けてほしいです。

のんびりした時間が流れるまちのお座敷劇場 「せたか座」

のんびりした時間が流れるまちのお座敷劇場 「せたか座」

2022年、福岡県みやま市に新しい大衆演劇場ができたという。

みやま市、、、私にとってまったく聞きなれない市名でした。
調べてみると、2007年に瀬高町・山川町・高田町が合併してできた比較的新しい市のようです。人口は約3万5千人。
場所は福岡県の南。福岡県最南端の大牟田市の北隣にあります。

setaka03.jpg
JR鹿児島本線に乗って瀬高駅に到着しました。

setaka05.jpg
駅にはこんな看板がありました。
みやま市北東部の清水山には古刹の清水寺(きよみずでら)があり、豊かな自然を楽しめる散策路があります。
「清水山の史跡を巡るみち」がウォーキング協会が選定した「美しい日本の歩きたくなるみち500選」のひとつにに選ばれているそうです。

setaka07.jpg
瀬高駅にあった「八ちゃん堂」の看板。
みやま市に本社を置く加工冷凍食品メーカー。冷凍たこ焼きを世界で初めて開発したらしい。
冷凍なすや冷凍みかんも販売している。

setaka10.jpg
瀬高駅はみやま市のメインの駅らしいが、駅前は賑わい度ゼロの閑散とした光景が広がっていました。

setaka13.jpg
駅のすぐそばに渋い建物があり、「手荷物 自転車預り所」の看板がありました。
ウォーキングする方がここで預けるのだろうか。

setaka15.jpg
先ほどの預り所あたりから西方を見ると、せたか座の建物が見えます。
せたか座は駅から徒歩1分の近さ。

setaka16.jpg
この建物がせたか座。
壁に「料亭可志久」の文字があります。
料亭だった建物を転用した大衆演劇場であることがわかります。

setaka17.jpg
建物正面。
「せたか座」の看板が見えます。

setaka20.jpg
近くの道にはまだ「料亭可志久」の看板が残っています。
料亭可志久は80年ほどの歴史を持つ料亭で2013年にリニューアルオープンしたようですが、2017年に閉店してしまいました。
リニューアルした建物をたった4年間しか使わなかったのはもったいないですね。
どういういきさつかは知りませんが、大衆演劇場として再活用できてよかったですね。

setaka23.jpg
せたか座駐車場

setaka25.jpg
ではせたか座入口に入ってみましょう。

setaka26.jpg
入口付近に掲示してあったご案内
・10時より入館できます。
・11時から12時45分迄、カラオケが歌えます。
・13時開演です。

早くから入場できて、開演までのんびりくつろげるのがいいですね。

setaka27.jpg
入館したらまず右手の下駄箱に靴を入れます。

setaka29.jpg
入口正面に受付。
私が入った際はおねえさんが受付をしていましたが、それがせたか座のスタッフなのか劇団の方なのかがわかりませんでした。きっと劇団の方だったのではないでしょうか。なぜなら、その後受付が、化粧を終えた劇団員に替わったからです。

setaka30.jpg
受付に貼ってあるポスターも劇団の方が書いたものと思われます。

setaka31.jpg
受付横に菓子の入った箱が置いてありました。
「御自由にお食べ下さい 劇団」

駅を降りてからこの建物に入った後も一貫して辺りはのんびりしたムードに包まれています。

setaka33.jpg
劇場は2階。
受付左手に階段があります。

setaka35.jpg
階段を上がるとこのような廊下があります。
右手のふすまの先が大衆演劇を行う広間。

setaka37.jpg
せたか座後方より
料亭をやってた頃は大人数の宴会を行うお座敷だったのでしょうか。

setaka40.jpg
せたか座前方

setaka43.jpg
前方から後方を見たところ。

setaka45.jpg
後ろに座布団があります。

setaka47.jpg
座椅子もあります。
座布団も座椅子も貸し出し料100円。

1階の受付の方がせたか座スタッフではないとすると、劇場係員はどこにいるのか、と思っていたところ、この広間の後方にスタッフらしきご老人の男性(Iさん)がいらっしゃいました。私は座椅子を借りて100円をIさんにお渡ししました。
もう一人、男性のスタッフもいました。

setaka50.jpg
後方には冷蔵庫も置いてありました。
ビールやワンカップを売っています。

setaka53.jpg
お手洗いは1階、受付の右側にあります。

開演1時間前くらいからお客さんがちらほら入ってきました。
持ってきたお菓子、弁当、飲み物などを広げてだべっています。
お客さんは皆常連さんなのでしょうか。遠くに座っているお客さん同士でも話したりしています。

13時開演。
第1部はお芝居。

setaka55.jpg
お芝居が終わった後の口上挨拶。

setaka56.jpg
休憩時間に1階に降りました。受付には誰もいません。かわりにこんな掲示がしてありました。
「お客様へ 13時以降の入場で受付に人がいない時は劇場の中 照明の方に入場料を支払い入場をお願いします」
いいなあ、このアットホームな感じ。

setaka57.jpg
第2部、舞踊ショーの様子。

16時頃、第2部の幕が閉じ、昼の部が終わりました。
その後、ワンコインショーをやるという。劇団の方がワンコインショーの料金を集めに客席を回ります。
私はワンコインショーも見ることにしました。

ショーをすべて見終わって私はせたか座を後にしました。
なお、せたか座は昼公演のみです。

どの劇場にも、必ずといっていいほど公演のチラシのたぐいがあるのですが、
ここせたか座にはチラシのようなものがまったくありませんでした。
どうやって広報しているのだろう?
お客さんの口コミをたよりに集客を増やしているのでしょう。

ゆるーい雰囲気の中くつろぎつつ、旅役者の芸が楽しめる場。
こういう公演地があることが大衆演劇の魅力です。
都会の賑わった劇場もよいけど、このような地元に溶け込んだのどかな大衆演劇場こそかけがえのない場所のように思います。

(2023年5月探訪)

世界中の方に大衆演劇を知ってもらいたい!観光都市日光の常設劇場 「日光紅葉座」

世界中の方に大衆演劇を知ってもらいたい!観光都市日光の常設劇場 「日光紅葉座」

大衆演劇の劇場の客層は、大きく分けると、劇場周辺に住む地元の大衆演劇ファンか、その劇場にのっている劇団あるいは座員を追っかけてやってくるファンです。
食事が提供できる健康ランドやホテルなどのセンターでは、老人会などの団体客が集客の要になっている場合もあります。

2023年4月29日にこけら落とし公演を行った日光紅葉座(もみじざ)は、これまでの大衆演劇場にはなかった新たな客層開拓にチャレンジする劇場です。
日本屈指の観光地、日光にやってくる外国人観光客を大衆演劇の世界に導こうというのです!
もちろん外国人客専用の劇場ではありません。地元の大衆演劇ファンもウェルカム。
外国人観光客の団体予約が収入の大きな柱となることを見据えてオープンした劇場なのです。

大衆演劇は「芝居」と「舞踊ショー」で構成されていますが、外国人観光客がターゲットとなると必然的に舞踊ショーがメニューの中心となるでしょう。
そのため日光紅葉座では以下のようなタイムスケジュールで公演を行っています(2023年7月時点の情報です)。
第1部 12:00~12:40 舞踊ショー
第2部 13:00~13:40 舞踊ショー
第3部 14:00~14:40 舞踊ショー
第4部 15:00~16:00 芝居
夜公演 20:00~20:40 舞踊ショー
料金は1部につき1300円。1日通しだと2500円。

日光に来る観光客の多くは時間に余裕がないでしょう。でも40分1幕のショーなら参加しやすいですね。
普通の日本人大衆演劇ファンは1日通し券にすれば舞踊ショーも芝居も楽しむことができます。
また、日光に宿泊するお客さんをターゲットにした夜公演も用意しています。

このブログをお読みの方であれば、大衆演劇は世界に誇る日本の芸能文化であるといっても首肯するでしょう。
でも日本語がわからない外国の方に芝居を見せても喜んではもらえなさそうです。
そこで日光紅葉座は舞踊ショーだけを気軽に鑑賞できるシステムにしました。世界中の方に大衆演劇の魅力を伝えたい、という思いが感じられます。

日光紅葉座の杮落し公演を務めたのは、私の推しの劇団、劇団戸田。
2023年5月、私は日光へ旅立ちました。

momiji03.jpg
東武鉄道特急リバティに乗って東武日光駅に来ました。
駅前にバスターミナルがあります。ここからバスに乗って行くこともできますが、私は歩いてゆくことにしました。
東武日光駅から日光紅葉座までは歩いて約30分。いろんなお店を見学しながら歩くのが楽しいのです。

momiji05.jpg
東武日光駅内のサービスカウンターにも日光紅葉座のチラシが置いてありました。

momiji07.jpg
途中に日光郷土センターという観光案内所があったので入ってみました。
ここにも日光紅葉座のチラシが置いてありました。日本語と英語の両面チラシです。

他にも立ち寄った店でチラシをみかけました。いろんなとこにチラシを置きまくっていることがわかります。

momiji10.jpg
途中にあった「油源(あぶらげん)」という店。なんと安政六年創業。山椒煮やお弁当が有名です。

momiji13.jpg
日光山内の入口にある神橋(しんきょう)
ここまで来ると日光の本拠地にたどり着いた感があります。

momiji15.jpg
新橋から数分歩いたところに日光紅葉座があります。

momiji17.jpg
この階段を登ります

momiji20.jpg
日光紅葉座正面

momiji23.jpg
日光紅葉座の前は有料駐車場になっていて、そこから東照宮への参道につながる階段があります。
その階段から見た日光紅葉座。

momiji25.jpg
入口入ってすぐ左手に受付があります。

momiji26.jpg
チケットのかわりにこのようなストラップを受け取ります。
1幕につき1ストラップ。
私は妻と一緒に第1部~第4部まで見ることにしましたので、たくさんのストラップを受け取りました。
ストラップは観劇後に返却します。

momiji27.jpg
劇場後方より

momiji30.jpg
劇場左後方より

momiji33.jpg
劇場前方
一番前の席は座椅子席。ここは靴をぬいてあがります。

momiji37.jpg
座椅子席の後ろは低めの椅子席

momiji40.jpg
その後ろは普通の椅子席

momiji35.jpg
小さいながらも花道があります。

momiji43.jpg
お手洗いは後方

momiji45.jpg
ディスプレイには日英併記でお知らせや役者紹介を映していました。

momiji47.jpg
かすてらを売っていました。
買うと好きな役者さんがサインしたカードがもらえるということで、購入して戸田ゆかり座長のサイン入りカードをいただきました。

日光紅葉座の座席はWEBで予約することができます。
私が行った5月はお弁当も予約できたので、お弁当付きで予約しました。

momiji50.jpg
予約弁当は油源の弁当!

さて、この日は日光紅葉座とさる回しとのコラボイベントがありました。
「日光紅葉座にさる軍団がやってくる! WITHおさるランド」と書かれたチラシがありました。

momiji53.jpg
紅葉座の第1回公演が始まる前、紅葉座の前で準備するさる軍団。

momiji55.jpg
おさるの大河くん。いろんな芸を見せてくれました。予想を上回るすごさでした。

さる回しが終わるとちょうど第1部の開演時間。急いで中へ。

第1部~第3部は劇団戸田の舞踊ショー。

momiji60.jpg
戸田ゆかり総座長

momiji63.jpg
戸田凛二代目座長

momiji65.jpg
戸田ゆうた座長

momiji67.jpg
戸田ももみさん

momiji70.jpg
凛&ももみの相舞踊

第1部の始まる前に座員さんがフラワーレイを販売しました。

第4部はお芝居。
舞踊もお芝居も観られて満喫。

momiji73.jpg
場内にさりげなくこのような黄色いダルマが飾られていました。
これは「令和の虎」のダルマです。
「令和の虎」とはYouTubeで配信されている番組で、何か事業を起こしたい志願者が、5人の投資家の前でプレゼンを行い、融資あるいは投資を得られるかどうかチャレンジする、という内容。
なんと、日光紅葉座のオーナーの松本さんが、日光紅葉座の運営資金獲得のために、この番組に出演されたのです。
令和の虎「観光都市日光から和のパフォーマンスを広めたい。」【前編】
令和の虎「観光都市日光から和のパフォーマンスを広めたい。」【後編】
このブログをお読みくださった方は是非この「令和の虎」をご覧いただきたい。(前編・後編とも20分程度です)
オーナーの松本さんの、大衆演劇にかける思い、大衆演劇の力で日光を盛り上げたいという思いがひしひしと伝わってきます。穏やかな語り口ながら熱情が感じられます。また、松本さんの人柄の良さや聡明さもよくわかります。
松本さんが資金を得られたのかどうか?是非YouTubeでお楽しみください。

さらに、このブログをお読みの方に是非見てもらいたい動画があります。
日光紅葉座はYouTubeチャンネルを持っています。
その動画の第1弾
日光紅葉座 Vlogs #1 リニューアルオープンまでの足跡
がとてもいい!孤軍奮闘しながら日光紅葉座を立ち上げてゆく様を回想的に綴っています。
私はこの動画を見ると映画を見ているように感情移入してじーんとしてしまいます。

令和の虎とVlogの両方を見たあなたは、間違いなく日光紅葉座を応援したいと思うようになったでしょう。
お知り合いの方が日光界隈に旅行すると聞きつけたならば是非日光紅葉座を紹介しましょう。

* * *

第4部を観終わった私はまた歩いて東武日光駅へ向かいました。
もちろん途中で水羊羹を購入。たまり漬けも好きなので漬物屋さんで購入。
昨年日光に来た際に「松葉屋」のゆばを買って帰ったらとても美味しかったので今回も買いました。

momiji75.jpg
松葉屋のさしみゆばと揚げ出したぐりゆば。たぐりゆばは妻がハマってました。

日光紅葉座が軌道に乗るかどうかはこれからが勝負!
外国人向け観光会社などにもはたらきかけてゆくようです。
もちろん地元のお客さんの集客にも力を入れてゆくでしょう。
大衆演劇ファン一同が団結して日光紅葉座を応援してゆきましょう!

(2023年5月探訪)
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR