WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 2017年01月
FC2ブログ

住宅地にある平屋のシンプルなセンター「ゆ~ぽっぽ」

【広島大衆演劇場めぐり4日間一人旅】2日目
住宅地にある平屋のシンプルなセンター 「ゆ~ぽっぽ」


2日目の朝、三原駅近くのホテルを出て、電車へ広島方面へ。
次の目的地「ゆ~ぽっぽ」は広島駅の北方10km弱のところにある。

広島駅から芸備線に乗り換えて安芸矢口駅から歩いてゆこうと思っていたが、何かの自然災害があったらしく、広島駅のホームに芸備線一部運休のアナウンスが流れていた。ちょうど乗ろうとしていた電車が運休となった。本数の少ない路線で次の出発予定までかなり時間がある。バスでゆ~ぽっぽに向かうことにした。バスの時刻表もちゃんと旅の前にプリントアウトして持ってきている。

yupopo03.jpg
広島駅前7番バス乗り場から、広島バス30号高陽線に乗る。

バスは原爆ドーム近くの広島バスセンターを経由して、市街地を抜けて川沿いの幹線道路を北上する。

yupopo05.jpg
バスは大きな道路から住宅地内を貫く道路に入る。そこからしばらく進んだ上小田バス停で下車。
広島駅からは約30分。

なんの変哲もないのどかな住宅街。
ここから西の方5分くらいのところにゆ~ぽっぽがあるはずだ。

yupopo07.jpg
途中で芸備線の線路を渡る。
ゆ~ぽっぽはここからかなり近いはずだ。
しかし、健康ランド的な建物は視界のどこにも認められない。
スマホの地図アプリをたよりに目的の住所に近づいてゆくが、もう目前になるはずなのに、建物や案内看板などがまったく見当たらず不安になってくる。これまでも大衆演芸探訪の際に場所がわからず迷ったことが何度もあった。久しぶりに見知らぬ土地でひとりさみしく不安になる体験をした。
後で気づいたが、このとき通った道はバス停からゆ~ぽっぽまでの最短ルートではなかった。上小田バス停を降りたら少しバス通りを戻り(南下し)西方の道に入るのが正しい。

yupopo10.jpg
ようやく「ゆ~ぽっぽ」を発見した。
勝手に大きな建物をイメージしていたが、ゆーぽっぽの諸施設は平屋で高い建物ではない。これでは離れた場所から見つけにくいわけだ。

ここはいわゆる「センター」に該当するが、健康ランドのようにさまざまなサービスを提供する大型複合施設ではなく、大きい銭湯に食堂と劇場が併設された、といった感じのシンプルな「スーパー銭湯」だ。住宅地の中にぽつんと存在しているのも銭湯っぽい。

入口はいって正面に「女湯」と「男湯」ののれんが見えてその間に受付カウンターがある。

yupopo13.jpg
券売機で入浴券を買う。
大衆演劇観劇の場合は入浴とのセットの券を買う。指定席券200円というのも買ってみた。
券を靴箱の鍵とともにフロントの係員に渡す。

yupopo15.jpg
お昼の部の観劇チケット=演劇通行手形と指定席券を受け取る。

大衆演劇場開場まで時間がある。まずはお風呂へ。

ここは銭湯であり温泉施設ではない。
お風呂は二つのエリアに分かれている。
基本料金で入場した人は洗い場と大浴場あるエリアしか使えないが、料金の高い露天・サウナコースで入場した人は露天風呂やサウナが利用できる。

yupopo17.jpg
お風呂から上がってから昼食の時間とした。
演劇公演が行われる宴会場では飲食はできない。
1階にある食堂「ぽっぽ亭」で食事することになる。
ぽっぽ亭も券売機で食券を買って利用する。
風呂上りのビールを飲みながら開場時間を待つ。

yupopo20.jpg
大衆演劇場は別棟にあり、入浴棟と渡り廊下でつながっている。

yupopo23.jpg
大衆演劇場入口。
廊下の壁にはこれまで講演した劇団の座長の写真とサインが飾ってある。

yupopo25.jpg
宴会場(大衆演劇場)全景。
後方の自由席ゾーンは畳に座布団を並べただけである。

yupopo27.jpg
前方の指定席ゾーンは座椅子席。
座椅子と座椅子の前後の間隔は、大きくない女性であればちょうど足が伸ばせる程度。
もっと広い方がうれしいが、足が伸ばせず窮屈な劇場もあるし、これだけのスペースを確保しているだけでもありがたいといえる。

yupopo30.jpg
舞台
花道はない

お昼の部は13時30分開演。
この日は白富士一馬座長率いる劇団京弥の公演。
と書いたが、おそらく一馬座長はこの表現は好まないだろう。
というのは白富士一馬座長は「俺が座長だ」「俺が主役だ」というタイプの役者ではなく、座員みんなが活躍する劇団、という思いを強くもっている。
一時期は、一馬三代目座長・健太座長・龍太若座長の3兄弟3人座長に副座長の洸という座長だらけ劇団だった。そのうち健太座長は劇団千章に移籍した。

もともとは関西で活動していたが一馬が座長になって(2003年)から数年後、関東に移ってきた。私のホームグラウンドである川崎大島劇場にものっていたので私は毎年劇団京弥を観劇していた。
その後、どういう理由かは知らないが、2016年に劇団京弥は関東を離れふたたび関西をまわることとなった。
私にとって広島県で劇団京弥を見るのは何か不思議な感じだ。

yupopo33.jpg
第一部お芝居が終わって口上挨拶。

でもまっっったく変わらないな、劇団京弥は。
多分昔からあるお芝居を脚色したり踊りのスタイルを変えたりするのが好きではないのだと思う。
とてもクラシックな劇団だ。他の劇団はいろいろ新しい(現代的な)何かを試みている。だから相対的に他の劇団より地味になってしまったのかもしれないが、先代から受け継がれた芸を大切にしている姿勢には安心感が持てる。

yupopo35.jpg
白富士一馬三代目座長

今月劇団京弥には劇団蝶々の中野弘次郎座長が帯同していた。
中野弘次郎座長は端正な劇団京弥の中にあってかなりのインパクトを放っていた。
京弥には豪快な役者がいない。弘次郎座長が加われば鬼に金棒。
この日の芝居は金棒が本当に光っていた。3枚目の悪役。アドリブ豊かで存在感が大きく芝居に彩りを与えてすばらしい活躍。

昨今の大衆演劇界では芝居の途中に楽屋ネタをアドリブで入れることが約束事かのように行われている。
その多くが「想定どおりのアドリブ」と化してしまい、間の抜けた楽屋ネタが横行している。
それでもお客さんは笑ってくれるから、本来の芝居そのものの力で笑いが取れない状況において役者は楽屋ネタ・内輪ネタに走ってしまう。
楽屋ネタは笑いを取れる反面、物語の展開を止めてしまう毒薬にもなりうる。芝居の流れを保ったままサラっとやるのが望ましい。
しかしどうも最近は楽屋ネタをたくさん入れるのがお客さんへのサービスだと思っている役者が増えているのではないか。
もはやそれはアドリブ「芸」といえるものではない。絶妙なタイミングで機転のきいた楽屋ネタが入るから面白いのだ。
もちろん本当のアドリブ芸は楽屋ネタを使うものではなく、その登場人物になりきってその場のインスピレーションによってお客さんを惹きつける演技をすることである。
中野弘次郎座長の芝居の本筋を盛り上げる自由闊達な演技はさすがはプロ、さすがは座長と私をうならせるものがあった。

yupopo37.jpg
中野弘次郎劇団蝶々座長

弘次郎座長は芝居では3枚目役の滑稽な化粧であったが、芝居は別人のようにシブくかっこよかった。

yupopo40.jpg
第二部舞踊ショー ラストステージ

昼の部が終了した後、団体のお客さんは建物前で待ち構えていたゆ~ぽっぽの送迎バスに乗って帰っていった。
スーパー銭湯は温泉ランドよりも集客力が弱いだろう。ゆ~ぽっぽの大衆演劇の存続は団体のお客さんの獲得にかかっているのかも知れない。

私は帰りもバスを使うこととした。
上小田バス停で乗って広島バスセンターで降りる。

yupopo45.jpg
せっかくなので広島風お好み焼きを食す。

2017年1月末で閉館してしまう広島第一劇場の近くにあるカプセルホテルがこの日の寝床。
ビジネスホテルはとれなかった。
広島のホテルの予約が大阪以上に厳しいは思わなかった。

(2日目おわり。3日目につづく)

見晴らし抜群のお風呂がある瀬戸内の大衆演劇場 「みはらし温泉」

【広島大衆演劇場めぐり4日間一人旅】1日目
見晴らし抜群のお風呂がある瀬戸内の大衆演劇場 「みはらし温泉」


2016年10月、広島県の大衆演劇場をめぐる旅に出かけました。
4日間の一人旅です。

最初の目的地は三原市にある大衆演劇場「みはらし温泉」。

東京から新幹線のぞみに乗って福山駅まで。そこで山陽本線に乗りかえて約30分で三原駅に到着する。
駅のすぐ目の前に三原城の遺構の石垣が見える。というより、かつて三原城本丸があった場所を山陽本線と新幹線が貫くかたちでここに駅舎ができたのだ。

mihara03.jpg
駅のまわりあちらこちらで三原の名産である蛸の絵やオブジェを目にする。
駅の北側彼方にはゆるやかな山の連なりがあり、反対側の駅舎南の広いロータリーの周りにはそれほど高くないビルがいくつか並んでいる。人通りは少なく、せわしなく歩く者はいない。小さな綿雲は絵画のように青空に貼り付いていて、時間がとまった町に入り込んだかのようだ。ここからは海も港も見えないが、なぜかしら「海が近い地方都市」という気配を感じる。

ホテルに大きな荷物を預けて、みはらし温泉を目指す。

mihara05.jpg
西口通路から、みはらし温泉の送迎バス乗り場がある隆景広場に向かう。

mihara07.jpg
隆景広場。
右手、タクシーの奥に見えるのがみはらし温泉の送迎バス。

この広場のすぐとなりに広大な三原城跡がある。
三原城は毛利元就の三男、小早川隆景によって築かれた。築城以降兵火に遭うことはなかったというが明治時代に城郭のほとんどが壊されてしまった。

みはらし温泉の送迎バスがしばらく市街地を走ると左手の車窓が海に変わった。海の向こうにはいくつもの山が深閑と連なっている。あれは皆島なのだろう。いかにも瀬戸内海らしい光景。本州と四国を結ぶしまなみ海道はあの山の向こうにあるはずだ。

mihara10.jpg
海沿いの道の右手に見えてきた円柱状のシルエット。あれが今日の目的地みはらし温泉の建物。

mihara13.jpg
みはらし温泉到着。
建物1階に小さなロータリーがあって送迎バスはそこでお客さんを降ろす。
すぐには建物に入らずまわりを少し歩いてみる。

mihara15.jpg
みはらし温泉は宿泊施設も併設している。「夢の宿」という大きな宿泊棟。

mihara17.jpg
入口は2階にある。2階には道路を隔てた駐車場からの連絡通路が接続されている。

2階フロントで受付。 
入館料は980円。もちろんこれで温泉に入れる。
大衆演劇観劇は別料金だ。プラス870円必要。
昼の部と夜の部を両方観たければ入館料に加え、870×2=1740円必要

mihara20.jpg
フロントでロッカーキーと観劇入場券を受け取る。
入館時に支払いはない。退館時にすべて精算するシステム。

大衆演劇お昼の部の開場時間は13時とのこと。
それまで温泉に入ることにする。

4階の廊下に浴場カウンターがあり、そこでタオルと館内着を受け取る。

旅先で昼間っからお風呂に入っていると、ふだん頭の中にこびりついている「あれやんなきゃ、これやんなきゃ」というノイズが霧消し、脳みそを洗い流したような開放感に包まれる。

湯船に面した壁一面が硝子張りになっていて、瀬戸内海の海と島々がよくみえる。
なるほど、これは「見晴らし」温泉だ。
露天風呂がないのが少々残念である。硝子越しではなく直接この光景を見ながらお湯につかれたら相当な旅情を味わえたに違いない。

温泉はしょっぱい。かなりナトリウムの含有量が高い泉質のようだ。いかにも温泉に入っている感じがする。

mihara25.jpg
3階の休憩室から撮った写真。お風呂からもこのような風景が見える。

お風呂から上がって大衆演劇場へ。

mihara27.jpg
3階の廊下の壁に演目が貼り出されている。

13時前に劇場入口に来てみると、もうすでに入場が始まっていた。
開場時間はあまり厳格に運用していないみたい。
入口で係員に入場券を渡す。

mihara30.jpg
劇場後方より

mihara33.jpg
舞台前
舞台はそれほど高くない。

mihara35.jpg
前方は座椅子席

mihara37.jpg
後方は椅子席
舞台が高くないので、フラットな床に椅子をただ並べただけでは、椅子席2列目より後ろの席では、視野が前のお客さんの頭でかなり遮られてしまうだろう。
椅子席に関しては、はっきり申せば「劇場」として絶望的なつくりといえる。せめて舞台がもう50cmぐらい高ければよかったのだが、天井が高くないから現状の高さでやむを得ないだろう。

mihara40.jpg
自由にお取りください式の座布団。

mihara43.jpg
花道。
ホテルの宴会場を大衆演劇場に改修した場合にこういう花道をよくみかける。

この劇場は見やすい席とそうでない席の差がはげしい。
多分人気順では、
①椅子席最前列
②前方座椅子席
③椅子席2列目以降
ということになるだろう。
実際この日は椅子席最前列の多くは予約がはいっていた。

予約が入っていない席=自由席については、少しでもよい席ととろうとお客さんがガツガツしそうだが、そういう殺伐とした空気がない。みはらし劇場のお客さんからは「他の人をおしのけて自分がなるべくいい席を」という気概が感じられない。あるがままを受け入れる、というか、ただのんびりとしている。この日のお客さんの年齢層はさまざま。センター公演の常として、お客さんの多くが中年以降の女性、と想定していたが、若者も多く、その中には男性もいる。家族で来ているのだろう、子供もよくみかける。館内着を着ているのは1~2割くらい、ということは観劇だけが目的で来ている方が以外と多いのかな。
そんな人々が開演前の客席でスマホをいじっていたり、ぼーっとしていたり、自宅の居間でくつろいでいるかのようにのんびりしている。
ああ、時間の流れがゆるやかだ。
東京近辺の劇場の開演前とは何か根本的なところで雰囲気が違う感じがする。
なぜみはらし温泉に別世界の時の流れを感じたのか。ここに集うお客さん方は、東京人に比してふだんから時間に寛容な暮らしをしているのではないか。やりたいことを効率的にこなすことで得られる豊かさより、気忙しさから開放されることの豊かさを選んでいるのではないか。そんな憶測がよぎるのどかさであった。
立川談志は、「上品」を「欲望に対してスローモーなこと」と定義したそうで、私はこれをなるほどと思ったが、この箴言を敷衍して私は「急いで得をしようとしない人は心豊かな庶民」とでも言ってみたい。
寄席や演芸場は、そういう心豊かな庶民の日常的な居場所であってほしい。日本では、人々が日常の延長・生活の延長として過ごすような演芸場の数がもう何十年も低迷している。近所の人や仕事帰りの人が予約なしでぶらっと入って、ゆったりとした時間に身をまかせて過ごし、劇団から元気をもらって帰る・・・そんな大衆演劇場がもっとあったらなあ・・・
最近の私は気づいたら、こんな大衆演劇場を作って経営してみたいな、という夢想をしていることが多い。しかし今のところそれは、佐藤春夫の「美しき町」のごとくの妄想であり、現実的な夢と呼べるものではない。


このときみはらし温泉にのっていたのは美波大吉座長率いる劇団春駒。
劇団春駒は以前石川県に射なか座という大衆演劇場を持っていた。
美波大吉座長が難病の息子のために、その主治医の病院の近くに劇場をつくったそうだが、建物の持ち主の意向により2014年9月に閉館してしまった。閉館のニュースをききつけて私は石川県まで射なか座を見に行ったことを思い出す。(そのときの探訪記はこちら

第一部お芝居は「文七元結」
主人公の男が娘を女郎屋に預けてまで作った金を、身投げしようとしていた若者にあげてしまうという話である。

大衆演芸の物語は「なんでそうなるの」と突っ込みを入れたくなるような展開が多い。
だから、演者においてはお客さんに心の中で突っ込みを入れさせないような工夫と技量が必要だし、お客さんにおいてはその術中に入り細かいことを気にしないのが心得といえる。と書きつつも、告白すれば私は、昨今の大衆演劇の芝居の途中で「?」と思わないことの方が少ない。大衆演劇ではお客さんの興味が芝居から舞踊にシフトしつつある、というコメントを目にすることがあるが、これは単にお客側の嗜好の変化の問題だけではなく、劇団側の内省不足(お客さんに「?」を与えないかどうかの考察不足)の問題もあろうかと思う。どうしてこうも辻褄の合わない展開に無頓着でいられるのだろうか、と思うことがある。それと、ぐだぐだな芝居も多くなっている気がする。セリフにリズムがあるように、芝居の構造・展開にもリズムがある。セリフのリズムを楽しむのと同時に展開のリズムも楽しみたい。リズムのある芝居は話が多少の矛盾をはらんでいても気にならない。

文七元結は、現代人の感覚では起こりえない展開で、お客さんの突っ込みを誘発しやすい演目だろう。
だが、劇団春駒の文七元結はとてもよかった。
主人公が若者を助ける場面では、登場人物の心の機微を無理なく丁寧に描いていて、話の展開に説得力があった。
美波大吉座長の芝居を他にももっと見てみたい。

mihara_minami.jpg
美波大吉座長

唯一、主人公にお金が戻ってくるときに主人公が返金を拒む場面は「?」であったが、全体としてとても楽しめた芝居だった。
小学生くらいの子供が何人もいたのに、かなりきわどいセリフのやりとりがあり、私の前に座っていたおじいちゃんは子供をあやして注意を逸らそうとしていた。

芝居が終わり、休憩をはさんで第2部の舞踊ショー。
座長の息子をはじめ若手中心に奮闘している。

mihara45.jpg
椅子席最前列の左側の席より。ここは見やすい。

mihara47.jpg
椅子席後ろの方にも座ってみた。
3つ前の席のお客さんの頭でさえかなり気になる。
前の席や前の前の席にお客さんがいたらさぞ見にくいことだろう。

この日は演歌歌手がプロモーションに来ていて、劇団公演の後引き続き歌謡ショーとなった。

公演後、私の心に持ち上がったのは今日の夕食の問題である。
みはらし温泉には食事できる場所が1箇所ある。

mihara23.jpg
2階フロントの近くに活魚料理専門店魚三昧という、ダイレクトなネーミングのレストランの入口がある。

ここで一人じゃさみしそうだなと思い、夜は三原の町で居酒屋を探すこととした。
フロントで精算を済ませる。

mihara50.jpg
出入口近くに飲泉場がある。
どれどれ、と備え付けの紙コップをとって何気なしに温泉を飲んだら、、、
しょっぱっ!!!
思わずむせてしまった。
よく見ると「初めての方はうすめると飲みやすいです(5倍~10倍)」と書いてある。
逆に常連はこのかなりしょっぱい温泉をそのまま飲んでいるのか。
朝晩コップ1杯が適量らしい。
「悩み解消ね!」と言いながら温泉を飲む女性の写真があるけど、塩分の摂りすぎ大丈夫?

mihara53.jpg
帰りも無料送迎バスを利用。
みはらし温泉近くのバス停から公共バスで三原駅に行くこともできる。

夕方、三原駅近くの繁華街を歩く。
30分も歩けば飲み屋があるあたりはだいたいまわれる。
目星をつけた居酒屋に入り、瓶ビールを傾ける。
カウンターで蛸料理をつまみながらゆっくりと三原の夜を過ごした。

(1日目おわり。2日目につづく)
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR