WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 2014年10月
FC2ブログ

はじめての大衆演劇、はじめての三吉演芸場マニュアル

はじめての大衆演劇、はじめての三吉演芸場マニュアル



「いちど大衆演劇を観てみたい」
と思っている方のために
横浜にある唯一の大衆演劇場「三吉演芸場」の観劇ガイドをつくりました。

以下、大衆演劇の基本情報を交えながら
三吉演劇場での観劇をご案内します。

【どんな劇団が公演を行っているのか】
全国には100を超える大衆演劇の劇団があります。
そのほとんどが全国を転々と巡業する旅役者の集団です。
座員は家族・親族を中心に構成されています。
梅沢富美男、早乙女太一は大衆演劇出身の役者さんです。

【どこで観ることができるのか】
全国には100を超える大衆演劇の公演場所があります。
公演場所は大きく2つタイプに分けられます。
大衆演劇専門の「劇場」および業界で「センター」と呼んでいるお風呂付きの施設(スーパー銭湯、健康ランド、温泉ホテルなど)です。
東京・神奈川には4つの「劇場」があります。
十条の「篠原演芸場」、浅草の「木馬館」、川崎の「大島劇場」、そして横浜の「三吉演芸場」です。
公演する劇団は1か月ごとに変わります。
1つの劇場では1年に12の団体が公演を受け持つことになります。

【いつやっているか】
大衆演劇の公演は1月1日のお正月から1年中ほぼ毎日行われています。
劇団の移動日にあたる月末の1~2日は公演がありません。
また月の途中で休演日が設けられることもあります。

三吉演芸場は毎週月曜日と月末が休演日です。
(これでも他の劇場と比較すると休演日は多いです)

【公演内容】
劇場の公演時間は3時間~3時間半ほどです。
「お芝居」と「舞踊ショー」から成ります。
現代のほとんどの劇場のプログラムは以下のようになっています。
第1部:ミニショー(舞踊ショー)
第2部:お芝居
第3部:グランドショー(舞踊ショー)
お芝居は約60分。
特選狂言など尺の長い芝居の場合は第1部からお芝居をはじめて2部構成となる場合があります。

お芝居もショーも毎日内容がかわります。
ですから毎日行っても楽しめます。
劇団はたくさんのレパートリーを持っていて、その土地柄やお客さんの反応をみながら芝居の内容を決めてゆきます。
また、本番中もお客さんの反応次第で、また役者の気分・思い付き次第で芝居はたやすく変化します。
他の演劇に比べるとアドリブが多いことが特徴といえます。
芝居はほぼ時代劇です。


三吉演芸場に行ってみましょう

<三吉演芸場基本情報>

公演日:毎日(月曜日および月末の2日ほどをのぞく)
昼の部:開場12:00 開演13:00 終演16:00頃
夜の部:開場17:00 開演18:00 終演21:00頃
入場料:一般席2200円 指定席2500円
予約:不要(特別なイベントでもない限り席が埋まることはありません)
    思い立ったらひょいと出かけましょう。

公演している劇団は三吉演芸場のホームページで確認できます。
芝居の演題や特別ゲストなどの情報も掲載されています。
・三吉演芸場ホームページ

なお、大衆演劇劇場の木戸銭(入場料)の相場は1600円くらいです。(この安さが「大衆」と名が付くゆえんでもあります)
三吉演芸場の入場料は相場より高いですが、施設はとてもキレイです。
古くさい場所やごちゃごちゃした場所が苦手の方でも安心して観に行けます。

miyoshi_map8.jpg
三吉演芸場は横浜駅の南方にあります。
最寄駅は横浜市営地下鉄「阪東橋(ばんどうばし)駅」(横浜駅から9分)です。
京浜急行の「黄金町(こがねちょう)駅」からも歩いて行ける距離です。
私は京浜東北線の石川町駅や関内駅も利用しています。
はじめて行く方は阪東橋駅を利用するのが無難でしょう。

miyoshi_map1.jpg
地下鉄阪東橋駅1A出口を出て、横浜橋通り商店街を通って行くのが、わかりやすい行き方。

黄金町駅から一目散に劇場に向かう場合は、大通りをまっすぐ進み、中村川で左折するルートが人通りが少なくてよいと思います。
時間があるのなら横浜橋通り商店街を通るのが楽しくてよいでしょう。

地下鉄が阪東橋駅に近づくと、車内に「三吉演芸場へはこちらです」というアナウンスが流れます。

miyoshi011.jpg
阪東橋駅の改札を出ると、三吉演芸場の案内看板があります。

miyoshi020s.jpg
阪東橋駅1A出口を出てしばらく進みますと横浜橋通り商店街の入口に着きます。

miyoshi030s.jpg
長いアーケード商店街をひたすらまっすぐ進みます。

miyoshi050s.jpg
アーケードの出口で大通りにぶつかります。
ここで横浜橋通り商店街は終わり。
この大通りを渡ると、三吉橋通り商店街という小さな商店街になります。

miyoshi54.jpg
三吉橋通り商店街をちょっと歩いて左手に三吉演芸場があります。

miyoshi071.jpg
入口は2階。
階段を上ります。

2階に上がりますとすぐ演芸場入口があります。
入って左手に受付があります。
ここで入場料2200円を支払いチケットを受け取ります。
前の方の席で観劇したい場合は2500円の指定席を求めましょう。
どの指定席が空いているかは受付で確認できます。

支払いを済ませましたら、劇場に入る前に、
受付前にあるチラシラックから公演チラシをとりましょう。

miyoshi_wakamaru.jpg
これは、2014年10月の都若丸劇団のチラシ。
出演者の名前が書いてあります。
大衆演劇は役者さんの顔と名前を覚えると楽しさが倍増します。
このチラシで役者さんの名前をチェックしましょう。

miyoshi_jounaizu3.jpg
三吉演劇場の内部をおおざっぱに描いてみました。

受付前のチラシを取ったら、劇場内に入りましょう。
前方が指定席、後方が自由席です。

miyoshi100s.jpg
場内には「ここより前指定席」という札がさりげなくかかっているだけで、
初めて来た方は前方が指定席であることに気付かないことが多いでしょう。
知らずに指定席に座ってしまい後で気付いて席を移動する、というお客さんをよく見かけます。

miyoshi115s.jpg
場内の様子。

座を定めましたら、あとはごゆるりと大衆演劇を楽しんでください。
なお、大衆演劇場は「飲食持ち込み可」です。
お菓子をつまんだりしながら開演を待つ、このくつろぎの時間もまたいいのです。
飲食は開演前や休憩時間にして、公演中は舞台を楽しみましょう。

公演が終わりますと、劇団員一堂が劇場の外でお客さんをお見送りします。
気に入った役者さんがいたら「よかったです」などと声がけしてもよろしいかと思います。お客さんの喜びの声は役者さんの元気のもととなるようです。
座長さんと握手して帰宅しましょう。


気軽にふらっと観に行けるところ、家の居間にいるようにくつろげるところも、大衆演劇の魅力です。
お時間がありましたら是非三吉演芸場へお越しください。


<参考までに>
大衆演劇についてもうちょっとくわしく知りたい方や他の劇場も気になる方は姉妹編の以下のブログもご覧ください。
・浅草木馬館昼の部観劇マニュアル
・大衆演劇・浪曲・講談を1日で楽しむ方法 浅草「木馬館」

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

湖に浮かぶ島の大衆演劇場 「はわい温泉 千年亭」

今回は山陰地方にある大衆演劇場の探訪日記です。


その日の朝、私は宿泊していた鳥取駅前のホテルを出発しました。

hawai03.jpg
JR鳥取駅から西方面へ向かう米子行の電車に乗りました。

hawai05.jpg
緑豊かな車窓の風景は、オフィスと住宅地が混在する場所に住んでいる私に旅情を与えてくれます。

目指しているのは「はわい温泉 千年亭」という旅館。

hawai_map5.jpg
鳥取駅の西方、倉吉駅の東方に東郷池という湖があります。
この湖に半島のように突き出している土地があり、そこにはわい温泉街があります。
千年亭はその半島の先っぽにあります。

hawai07.jpg
倉吉駅で下車し旅館に電話をしました。

しばらくすると送迎車が「駅ヨコプラザ」前にやってきて、私を乗せると旅館へ引き返しました。

かつては鳥取県の有名な温泉地「三朝温泉」でも大衆演劇公演が行われていたが、今では鳥取県の公演場所は千年亭だけになってしまった。
送迎してくださった旅館の方がそう話していました。

送迎車が旅館に到着しました。
旅館に入る前にちょっと温泉街を散歩しました。

hawai10.jpg
この橋の向こうが千年亭。
湖に浮かぶ島といってもいいかもしれません。

hawai13.jpg
島に渡ると、旅館の門が見えます。
幾時代か前の大きなお屋敷に足を踏み入れるかのよう。

hawai15.jpg
玄関扉入ってすぐ、風雅なエントランスがあります。

hawai17.jpg
それに続く廊下。

大衆演劇場に来たというより高級旅館に来たという気持ち。

以前、千年亭の大衆演劇公演を紹介したテレビ番組を見たことがあります。
地元の方々がのんびりとくつろいでいる庶民的な場所、という印象を受けたのですが、実際の千年亭は私がイメージしていたよりゴージャスな施設でした。

hawai20.jpg
廊下を渡るとフロントがあります。
その前に臨時に設置された受付台があり、お客さんが並んでいました。
大衆演劇を観る人は旅館のフロントではなくここで受付をします。

誰が名付けたか「三匹のこぶ座」というのがこの旅館にある大衆演劇場の名前。

私は「花もみじ」というお弁当付きの観劇コース(3,300円)を予約していました。
受付を済ませてさっそく「こぶ座」へ向かいます。
エレベーターで6階に上がりました。

hawai23.jpg
芝居小屋「三匹のこぶ座」入口

hawai25.jpg
靴はビニール袋に入れます。
ここは庶民の芝居小屋っぽくてほっとします。

hawai27.jpg
私の名前が書かれた席は最前列にありました。
すでにテーブルの上にはお弁当が置かれています。
なぜか座布団にペットボトルが。

hawai30.jpg
お弁当の器、でかっ!

ペットボトルのお茶を飲もうと手に取ったら・・・

hawai33.jpg
「本つゆ香り白だし」だった。
これは「お土産」なのでしょう。そうわかるように座布団の上に置いてあったのですね。

hawai35.jpg
ステージ

hawai37.jpg
こぶ座の入口脇には売店があります。

こぶ座ではもちろんアルコールも提供しています。
生ビール500円
日本酒380円
ジュース・ウーロン茶180円
ソフトクリーム200円
この日は「サンキューの日」でコーヒー100円
セルフサービスの冷水も用意されていました。

hawai43.jpg
開演時間が近づくと団体のお客さんが入ってきました。

座椅子は無料で貸出しています。
慣れた常連さんは広間の横にある小さい押入れから勝手に座椅子を持ち運んでいました。

第1部お芝居は11:00~12:00

この日は大和みずほ座長率いる劇団昴星(りゅうせい)。
最近旗揚げしたばかりの新しい劇団です。

お芝居が終わると昼食休憩の時間となります。
すでに机上に運ばれているお弁当をお客さんが食べ始めます。
温かいお椀と茶碗蒸しはこのタイミングで供されます。

hawai45.jpg
旅館同様ゴージャス感のあるお弁当(これでも一番安いコースのお弁当です)

hawai47_2.jpg
売店に「鳥取産二十一世紀梨チューハイ」というお酒を見つけました。

13:00より第2部の舞踊ショーが始まります。

お昼休みは1時間しかありませんが、食事の後にお風呂に行くお客さんが何人かいました。
案の定、舞踊ショー開始には間に合わず、ショーの途中で席に戻ってきました。
このマイペースな感じは、テレビで見た印象と近い。

hawai50.jpg
舞踊ショーでの大和みずほ座長

hawai53.jpg
ラストショー

公演終了後、千年亭のお風呂に向かいました。

hawai40.jpg
浴場への通路途中にあるフラワーステージ

お風呂は露天風呂と展望大浴場があります。

hawai55.jpg
旅館内の窓から見た東郷池

展望大浴場からもこのような景色が見えます。

千年亭は湖に突きだした半島の先の島にあります。
露天風呂からの広々とした湖の眺めがすばらしい。
湖の中にいるという実感と、遠方までひらけた視界が心地よい解放感を与えてくれます。

温泉を出て廊下を歩いていると、あるポスターが目にとまりました。

hawai57.jpg
「日本のハワイ アロハカーニバル」

もともとこの地の温泉は「浅津温泉」という名だったそうです。
昭和28年に浅津村を含む四ヶ村が合併して羽合(はわい)町になり、昭和53年の町制25周年を契機に「羽合温泉」と名称が変更され、平成10年に「はわい温泉」となったとのこと。

で、米国のハワイと名前が同じなので、このようなキャンペーンが生まれたのでしょう。

羽合町は平成16年に東郷町・泊村と合併して「湯梨浜町」となっています。
「湯」と「梨」と「浜」が自慢の町です。


行きに車で迎えてくださった従業員の方が、帰ろうとしている私を見つけ、倉吉駅まで送りましょうと申し出てくださいました。
私は時間に余裕があったので、湖畔を歩いて松崎駅へ行くことにしました。

hawai60.jpg
湖畔にあった標識

hawai63.jpg
湖に突き出た半島、はわい温泉街が見えます。
千年亭以外にも大きな建物の旅館があります。

hawai65.jpg
松崎駅に近づくと中国風の建物が見えてきました。
「燕趙園(えんちょうえん)」という本格的中国庭園です。
「鳥取県と中国河北省の友好のシンボルとして建設された」そうです。

ここに「アロハカーニバル」の黄緑色のぼりが立てられていて、なんだかよくわからない感じになっています。

hawai70.jpg
松崎駅前に着きました。
ここは東郷温泉の玄関口です。
駅前は寂しい雰囲気。

hawai71.jpg
東郷二十一世紀梨直売所。
収穫の季節と違うので営業はしていません。

hawai73.jpg
松崎駅ホームの看板
「羽合温泉 当駅より湖上10分」と書かれています。
ずいぶん古い看板のようだけれども、これが設置された時は東郷温泉から羽合温泉で船で行けたらしい。
今でもそのような交通手段があるのかどうかわかりませんが、もしあるのであれば、次回千年亭に行く際は是非とも利用してみたいものです。

翌日、鳥取県在住の方とお話する機会がありました。
はわい温泉で大衆演劇を観てきたことを云うと、「三匹のこぶ座ですね」と即座に返ってきました。
地元の幾人かの方と話した印象では、鳥取では「こぶ座」の知名度が高いのだろうなと思いました。

鳥取県唯一の大衆演劇公演場所として、ますます「こぶ座」が賑わってゆくことを願っています。

(2014年6月探訪)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村




新しい時代の大型大衆演劇場 「羅い舞座 京橋劇場」

大阪には大衆演劇場がたくさんあります。

私は大衆演劇の人気が高まることおよび新しい大衆演劇場が誕生することをうれしく思いますが、近年の大阪の大衆演劇場の増え方は、お客さんが足を運ぶ回数の増加の程度を超えている、つまり大阪内でお客さんの奪い合いのような状況が生じているのではないかと思わないでもありません。

立地のよい場所に大型の劇場が誕生したことも激戦区大阪を印象づけます。

2012年に京橋にできた羅い舞座京橋劇場はそんな大型劇場のひとつです。
この劇場に行ってみようと、東京から来た私は京橋駅近くのホテルに泊まりました。

kyoubashi05.jpg
宿泊したホテルの部屋の窓を開けると、はからずも羅い舞座が入っているビルが線路の向こうに見えました。

kyoubashi10.jpg
羅い舞座はさきほどのビルの5階にあります。ここはエレベーター前。
大型ビルのテナントとして旅役者の公演場所が入るようになったことは、旅芝居の歴史において新しい時代が始まった、ぐらい言ってもいい出来事のように思います。

kyoubashi15.jpg
受付と売店

kyoubashi20.jpg
休憩所

kyoubashi23.jpg
完全に仕切られた喫煙ルームがあります。

フロア全体を見まわしますととてもオフィス色が濃いです。

kyoubashi25.jpg
座席表
400席以上ある大型の劇場

kyoubashi30.jpg
内部

kyoubashi35.jpg
各座席に座布団が用意されていました
(羅い舞座のHPには「御入場の際に貸し座布団代として別途100円必要です」と書いてありました。素直に入場料を100円高くすれば良いのでは・・・?)

kyoubashi40.jpg
花道

kyoubashi45.jpg
公演中の様子。
大きな舞台、広い空間が役者をいっそう美しくひきたてています。

kyoubashi50.jpg
今後もこのような都会的な大衆演劇場は増えてゆくことでしょう。

「羅い舞座」という劇場はいくつかあります。
私が最初に訪ねた羅い舞座は、今はなき橿原羅い舞座(奈良県)。そこは私が今までみた大衆演劇場の中で、一番簡素で手作り感にあふれていました。
京橋の羅い舞座は逆にとても立派で商業的な感じがする劇場。
大衆演劇場の両極端を同じ羅い舞座で見たと言えるかもしれません。

(2014年6月探訪)

温泉とリゾートと大衆演劇 「スパ&リゾート犬吠埼 太陽の里」

大衆演劇でおなじみの笹川繁蔵、飯岡助五郎、平手造酒が活躍する天保水滸伝は千葉県東部が舞台となっています。
天保水滸伝には銚子の五郎蔵という大親分も登場します。

inubou01.jpg

銚子には犬吠埼という有名な岬があります。
犬吠埼にはいくつかの宿泊施設があります。
そのうちのひとつ、太陽の里犬吠埼で演劇公演が行われています。

inubou03.jpg
犬吠埼といえば灯台。

inubou06_2.jpg
犬吠埼灯台に登って太陽の里の方面を眺めました。

公共交通機関を使って太陽の里に行くには、まず銚子駅まで行き、そこから予約制の無料送迎バスを利用することになります。
私は車で来たので直接太陽の里へ向かいます。

inubou10.jpg
広い駐車場がありました。

inubou13.jpg
太陽の里犬吠埼は広大な土地に並ぶいくつもの建物で構成されています。
駐車場から一番近い建物へ。
外観からは大衆演劇をやっているような雰囲気は感じません。

inubou15.jpg
大衆演劇を観るにはこの建物の日帰り入浴入口から入ります。

入口はいってすぐのフロントで受付を済ませて内部へ。

建物内もとても広々としている。そしてキレイ。

inubou17.jpg
1階の売店「日の出横町」
演劇グラフ、花舞台も売っています。

inubou21.jpg
2階
やはり広々としてキレイ

inubou23.jpg
海に面した室外プール。
室内プールもあるようです。

観劇の前にお風呂に入りました。
もちろん温泉。
そしてもちろん露天風呂は海に面しています。

この施設の名称は「スパ&リゾート犬吠埼 太陽の里」
ここに来ればまさにリゾート気分を味わえます。

では大衆演劇会場へ。

inubou25.jpg
「演舞踊レストラン海舞」の看板の横の廊下を進みます。

inubou27.jpg
ここが公演場所。
和風でモダンです。

これはお客さんがいない時間に撮影た写真ですが、本番中は多くのお客さんで賑わっていました。

inubou30.jpg
厚みのある座布団。このリッチ感。
私は某大衆演劇場で座布団を借りるときは、うすっぺらい座布団群のなかから少しでも厚そうなのを選ぶという小市民的なことをしていますが、ここではすべての席にフカフカの座布団が用意されていて小市民的にちょっとうれしい。

inubou40.jpg
貸し座椅子も厚みのあるものが用意されています。
これで100円は安い。

inubou33.jpg
後方にはテーブル席のコーナーもありました。

inubou35.jpg
花道

inubou37.jpg
壁に絵が描かれています。
大衆演劇場としての意匠にもこだわっていますね。

inubou43.jpg
壁際に「ご自由にお取り下さい」という掲示があり、その下には鳴子が置いてありました。
多くのお客さんがこれを利用していました。

inubou45.jpg
緞帳があがると定式幕があらわれます。

inubou47.jpg
公演中の様子

inubou50.jpg
この日は見海堂劇団の公演でした。

そういえば太陽の里九十九里に行ったときも見海堂劇団の公演で、たくさんのお客さんで賑わっていました。

太陽の里は犬吠埼も九十九里も住宅地からは離れた土地にあります。
立地条件から直観的に判断すると芝居を見に来るお客さんは少なそうなのですが、私が行ったときはどちらも大衆演劇場は賑わっていました。

でも施設の中でくつろいでいると太陽の里犬吠埼が賑わっている理由がわかる気がします。
リゾート気分で温泉が入れて大衆演劇が楽しめるのなら(しかも劇場と同じぐらいの値段で)少々遠くても車で通ってしまうでしょう。
(2013年12月探訪)
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR