WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 茨城・千代田ラドン温泉センター
FC2ブログ

ラジウムへのこだわり 「千代田ラドン温泉センター」

関東には「ラドン温泉」と「大衆演劇」がセットになった施設が多い。ラドン温浴がご高齢の方に昔から親しまれていた健康法だったことがわかります。「だった」という過去形で書いたのは、ここ1,2年ほどこうした大衆演劇場を巡った感想では、お芝居を観に来ているお客さんはあんまりラドン温浴に興味を持っていないように見受けられるからです。ある施設では湯船にお湯がない(=どうせ入る人はいませんよね、ということでしょう)こともありました。
さらに昨年原発事故が起こりました。あの事故はラドン温泉にどれだけ影響を与えたのでしょうか。「放射線で健康を増進する」という発想のラドン温浴法に対して当然、本当に安全なのかとか本当に健康にいいのかという声があがってもよさそうなのに、訪問当時ネットで調べてもそのような言及はほとんどみあたりませんでした。

2011年7月1日に大衆演劇場でもある千代田ラドン温泉センターを訪ねました。
福島県の海に近い施設での公演中に東日本大震災に遭い、道具の一切を津波にのまれた不二浪劇団の復活公演を観るためです。

chiyo10.jpg
北関東の大衆演劇場はほとんどが電車では行きにくい場所にあります。
千代田ラドン温泉センターは霞ヶ浦の近くにあり、「演劇グラフ」では『JR常磐線「土浦駅」からタクシーで25分または「神立駅」よりタクシーで10分』と書かれています。いかにも行きにくそう。
東京から車で訪ねました。カーナビを頼りに水戸街道を進みます。途中で左折することはわかっていたのですが、思いのほか狭い細道だったのでうっかり通りすぎてしまいました。
よく見れば曲がる地点に看板とのぼりが立っていました。

chiyo15.jpg
民家と畑の中、車がすれ違うのも難しいような細い道を進む。この先に本当にラドン温泉施設があるの?

chiyo20.jpg
と思ったらすぐ千代田ラドン温泉センターが現れました。ここが正面入口です。

chiyo25.jpg
裏手にまわると、広い駐車場がありました。
この写真で下の階に見える部分は、岩盤浴場で新たに増築された建物のようです。

chiyo30.jpg
レトロ感あふれる靴箱

chiyo33.jpg
ラドン入浴コース
 一般入浴1400円
 会員入浴1000円
ラジウム岩盤浴・ラドン入浴コース
 一般入浴1600円
 会員入浴1250円

六月のキャンペーン
毎週(木)行います
一、入場無料券
二、食事割引券
  ・五百円・三百円・二百円・一百円
※福引券で当たります

chiyo35.jpg
ロビー

chiyo40.jpg
食事処=大衆演劇場

chiyo45.jpg
このテーブルのたたずまい。日本の大衆食事処のたたずまい。

chiyo50.jpg
後方に小さいテーブル席があります。

chiyo55.jpg
食事注文所そばにおすすめ料理の写真が貼ってあります。その下に焼酎のボトルが陳列されていました。
一番左「おすすめラドンオリジナル焼酎\1200」
白いラベルに青い文字で大きく「ラドン温泉」と印刷されています。なんという安直なネーミング。

chiyo60.jpg
もちろんラドン温泉に入りました。僕の体ははラドン温泉にとてもよく反応するようで、いつもたくさん汗をかきます。
ラドン温浴の劇的な効果を綴った利用者からの手紙が貼ってありました。

ここは岩盤浴も大きく売り出しているようです。こちらもやってみました。気持ちよかった。
ラジウム岩盤浴の休憩所で涼んでいたら、テレビで福島の児童の尿から微量の放射性物質が検出されたというニュースが大きく報道されていました。自らすすんで放射線を浴びている自分があまりにものんきな気がしてきました。

chiyo65.jpg
ラジウム吸入室。中はほぼ真っ暗です。このご時勢にあまりにも不気味な?部屋です。

chiyo70.jpg
「ラジウム水 ※お一人様2Lまでとさせて頂きます」
横に「ラドン水飲用の効果」の紙

chiyo75.jpg
ラジウムマット 五万円也

ラジウムへのこだわりが印象的なセンターでした。

大衆演劇とお風呂(健康ランド)のコラボレーションは今後いつまでも日本の文化として存続するでしょう。けれどもラドン温泉施設と大衆演劇の組み合わせは何故だか消えゆく文化のような気がしてなりません。でもそれは杞憂でしょう。そのように感じてしまうのはこうした施設が「昭和のはかなさ」の雰囲気をたたえているからだと思います。僕の大衆演劇場探訪の旅は昭和の郷愁を求める旅でもあります。

↓不二浪劇団の復活公演については別レポートをご覧ください
「不二浪劇団復活公演2011.7.1」

不二浪劇団復帰公演 @千代田ラドン温泉センター 2011.7.1

2011年3月11日公演先で被災し命は助かったものの道具のすべてを津波にのまれ失ってしまった「せがしん」こと瀬川伸太郎座長率いる不二浪劇団。
その復帰公演を観に7月1日に千代田ラドン温泉センターに行ってきました。

fuji10.jpg
国道からセンター方面に入る道沿いにきれいなのぼりが立っていました。

fuji15.jpg
舞台下手。これも新しいものなのでしょう。

fuji20.jpg
第一部お芝居は「軒端の蝙蝠」
お芝居が終って座長口上挨拶。

瀬川伸太郎座長は次のような挨拶を述べられました。

ここ千代田は1年4ヶ月ぶりになります。
本来であれば4月公演を承っていたはずでした。
東日本大震災の日はいわきの海のすぐ近くのセンターで公演しておりました。
そこで高波に襲われまして劇団の荷物・衣装・鬘すべて波にのまれて命からがら逃げてきました。
そのためここでの公演を承ることができず、4月5月6月は親友である章劇のお世話になっておりました。
その間、大阪・九州の協会会長やたくさんの劇団様から舞台道具・衣装・鬘にいたるまでご支援をいただきまして、やっとなんとか今日公演初日を迎えることができました。
自分としてはまだ早いとは思います。しかし幕をあげることができました以上は、皆様に楽しみ喜んでいただけるよう力を合わせて力いっぱい精一杯頑張っていきたいと思っておりますので、今月ひと月ご贔屓くださいますようよろしくお願い申し上げます。
fuji22.jpg

すると客席から「待ってたよ~」の声が。
会場には不二浪劇団の復帰を待っていたファンの方が何人もいらっしゃいました。

暖かい雰囲気のなか口上挨拶は終わり、休憩をはさんで第二部舞踊ショーへ。

fuji25.jpg
ギャング小力

fuji30.jpg
瀬川伸太郎座長。お客様から衣装をいただきました。

fuji35.jpg
花形神楽坂美佳。お客様からいただいた衣装をその場で手に取ってそのまま舞踊を続けました。

fuji40.jpg
郷てつや

fuji45.jpg
座長のピース

fuji50.jpg
座長と娘の妃美ちゃん

fuji55.jpg
竜千佳

fuji60.jpg
大月瑠也

fuji65.jpg
ボス 天童よしかつ

fuji70.jpg
神楽坂美佳。お客様からいただいた衣装。

fuji75.jpg
竜月太郎

fuji80.jpg
ラスト舞踊

fuji85.jpg
帰りにセンターのロビーに大きな荷物2つが届けられているのを見かけました。箱には「新川劇団」と書いてありました。新川劇団からの道具の提供でしょうか。


震災の後いろんな大衆演劇劇団の情報を目にして、
各劇団が友情で結ばれていること、お互い支え合っていることがとても伝わってきました。
お芝居だけでなく、舞台の外でも人情の大切さを教えてくれました。

被害にあわれましたすべての関係者の方に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR