WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 東京・歌舞伎町劇場
fc2ブログ

新時代の大衆演劇場 「歌舞伎町劇場」こけら落とし公演観劇レポート

新時代の大衆演劇場 「歌舞伎町劇場」こけら落とし公演観劇レポート

2023年10月1日、東京歌舞伎町に待望の大衆演劇場がオープンしました!
その名も歌舞伎町劇場。

そのこけら落とし公演および関連イベントをレポートします。

kabuki_open03.jpg
10月1日(日)11時前、歌舞伎劇場が入っているハナミチ東京歌舞伎町ビルの前には大勢の人が集まっていました。
この日は、歌舞伎町劇場のオープンの日であると同時にこのビルのオープンの日でもあるのです。
11時から始まるビルのオープンニングセレモニーの見物客が押し寄せていたのです。

kabuki_open05.jpg
テープカットの準備がされています。

kabuki_open06.jpg
歌舞伎町劇場受付の前には劇場のオープンを祝う多くのお花が飾られていました。

11時にセレモニー開始。
新宿区長、ハナミチ東京歌舞伎町スペシャルアンバサダー小林幸子さん、ハナミチ東京歌舞伎町オフィシャル広報大使花園直道さんなどが挨拶しました。
小林幸子さんは「大衆演劇はエンターテインメントの原点」「新宿から大衆演劇を世界に発信してゆきたい」とおっしゃっていました。

kabuki_open07.jpg
挨拶の後はテープカット。
挨拶された方々の他、小泉ダイヤ座長も加わりました。

テープカットが済んでセレモニー終了。

kabuki_open10.jpg
歌舞伎町劇場こけら落とし公演を観にきたお客さんが続々と建物に入ってゆきます。

kabuki_open13.jpg
1階ロビー。
こけら落とし公演を観にきたお客さんには劇場パンフレットと水のペットボトル(鏡開きのお祝用)が渡されました。

kabuki_open15.jpg
地下1階の劇場へ

kabuki_open17.jpg
劇場の花道

kabuki_open20.jpg
補助席もMAXで設置されていました。

kabuki_open23.jpg
客席前方

kabuki_open25.jpg
客席前方から後方を見たところ

kabuki_open27.jpg
歌舞伎町劇場自慢の椅子。
3時間公演を見ても全然疲れません。

通常昼の部は13時開演ですが、この日は昼の部と夜の部の間に劇場外でイベントがあるので12時開演でした。

kabuki_open30.jpg
第一部は鏡開き
司会は小泉たつみ座長

kabuki_open33.jpg
左より、小泉ダイヤ座長、歌舞伎町劇場代表の水野さん、歌手の小林幸子さん、山根演芸社社長の山根さん。

水野さんと小林幸子さんが挨拶をしました。
水野さんは旅役者を渡り鳥に例えてお話しされました。入口でもらった劇場パンフレットの挨拶では水野さんは劇場を巣箱に例えています。大衆演劇場は公演の場所であると同時に旅役者の生活の場です。役者もお客さんも豊かな時間を過ごすことが大衆文化の礎であることを水野さんが強く意識していらっしゃるのだなと思いました。
その後、山根さんの音頭で鏡開き。

kabuki_open35.jpg
「よいしょ~」

この後檀上者はお酒を升に注ぎ、お客さんは入口でもらった水を持って乾杯。

第一部鏡開きが終わって休憩。

第二部はお芝居「元禄長兵衛 武蔵屋〆五郎」
歌舞伎調の台詞と所作がふんだんに盛り込まれた歌舞伎町劇場のこけら落としにふさわしい演目。
ラストで悪役は皆斬られますが、倒れただけで死にません。降伏した後また立ち上がる。
人が死なない、という点もこけら落とし公演に選んだ理由だそうです。

役者さんはマイクを使用していません。舞台に設置された集音マイクが役者さんの声を拾ってくれます。
書割(背景幕)の代わりに、LEDビジョンに背景が投影されます。これによりスピーディーな転換が可能になることをたつみ座長が指摘していました。

kabuki_open37.jpg
お芝居の後、口上挨拶をする小泉たつみ座長。

第三部は舞踊ショー
ここでもLEDビジョンが大活躍。
さまざまに変化する背景をご覧ください。

kabuki_open40.jpg

kabuki_open43.jpg

kabuki_open45.jpg

kabuki_open47.jpg

kabuki_open50.jpg

kabuki_open53.jpg

kabuki_open55.jpg

kabuki_open57.jpg

kabuki_open60.jpg

kabuki_open63.jpg

kabuki_open65.jpg

kabuki_open67.jpg
ラストショーではまさに「ラスボス」小林幸子さんが登場!

kabuki_open70.jpg
さすがのオーラ

kabuki_open73.jpg
小林幸子さんが歌う「千本桜」に乗って舞い踊る劇団員。
大量に舞う桜吹雪。

kabuki_open75.jpg
終演後、小林幸子さんより挨拶。
舞台とお客さんとが一体となった大衆演劇の空間に感動されたようです。

kabuki_open77.jpg
昼の部終演後、劇団一行はイベント会場へ移動します。
たつみ座長とダイヤ座長は人力車に乗って移動。

kabuki_open80.jpg
イベントの場所は歌舞伎町タワー!

kabuki_open81.jpg
歌舞伎町タワー前に劇団一行が到着しました。

kabuki_open82.jpg
スターバックス店舗前のスペースを舞台として、舞踊ショーが行われます。
ビルの壁にある巨大なディスプレイには、ハナミチ東京歌舞伎町関連の広報が映し出されました。

kabuki_open84.jpg
はじめに挨拶をする両座長

kabuki_open85.jpg
ディスプレイに大きく映し出される小林幸子さん

kabuki_open86.jpg
たつみ演劇BOXによる舞踊ショー。

kabuki_open87.jpg
歌舞伎町タワーでのイベントを観覧した後、私はハナミチ東京歌舞伎町ビルに戻りました。
ここは1階ロビーのカフェ。
お酒のメニューが豊富です。

kabuki_open88.jpg
私はアルコールではなく、自家製ハナミチレモネードをいただきました。

kabuki_open89.jpg
2階は純喫茶「珈琲西武」です。

kabuki_open90.jpg
道路に面して飾られている食品サンプル

kabuki_open91.jpg
珈琲西武にも入ることにしました。

kabuki_open92.jpg
純喫茶の雰囲気いいですね。

kabuki_open93.jpg
珈琲西武がここに移転する前からの名物だったらしいオムライス(1,100円)を注文しました。
上品な味。とても美味しかったです。

kabuki_open95.jpg
同じく2階には和レンタル衣装「きぬも」というお店があります。
ラストショーで着ていた「歌舞伎町」の文字の入った衣装はこのお店の提供によるものです。
入口のドアに「powerd by ASAHIYA Yokohamabashi」と書かれています。
三吉演劇場の近くの横浜橋商店街の中にある旅芝居役者御用達の着物屋「あさひや」が展開しているのですね。

kabuki_open96.jpg
夜のハナミチ東京歌舞伎町ビル

立地といい設備といい本当に画期的な大衆演劇場だと実感しました!
歌舞伎町劇場の誕生を機に新たな大衆演劇ファンが増えることを願っています。

オープン直前! 「歌舞伎町劇場」内覧会レポート

オープン直前! 「歌舞伎町劇場」内覧会レポート

2023年10月1日に新宿歌舞伎町に大衆演劇場がオープンします。
その名も「歌舞伎町劇場」

多くの大衆演劇ファンが関心を寄せている歌舞伎町劇場のオープン前内覧会に行ってきましたのでレポートします。

歌舞伎町は日本でも屈指の歓楽街。新宿駅の北東、徒歩数分のところにあります。

kabiki_pre03.jpg
新宿駅から行く場合、靖国通りに出て新宿区役所方面に歩きます。
新宿区役所の近くまできますと「HUB」と「セブン銀行ATM」が見えます。この間の路地を入ります。

kabuki_pre05.jpg
同じ路地を別方向から見たところ。
地下鉄新宿三丁目駅から来た場合はここを右折します。
なお、新宿地下街のサブナードの13番出口を昇るとこのあたりに出ますので雨の日は地下道を使うとよいでしょう。

kabuki_pre07.jpg
路地に入って1分も歩かないうちに歌舞伎町劇場が入っている「ハナミチ東京 歌舞伎町」のビルが見えてきます。

kabuki_pre10.jpg
ハナミチ東京歌舞伎町ビル

kabuki_pre13.jpg
歌舞伎町劇場の看板も出ていました。
このビルの地下1階に劇場があります。

kabuki_pre15.jpg
劇場に入る前に「ハナミチ東京歌舞伎町」についてご案内します。
劇場だけでなく、この商業施設自体が2023年10月1日に開業するのです。
ですから歌舞伎町劇場はこのビル開業第一号テナントになります。
もともとこのビルのオーナーは、このビルの地下1階を劇場用途で設計していました。
その噂をききつけた歌舞伎町劇場代表がオーナーにプレゼンを行った結果、大衆演劇場としてオープンすることが決まったのです。
大衆演劇場の仕様とするために、ビルの設計を大幅に変更してもらったそうです。
まさに大衆演劇専用劇場!都心に新たにこのような劇場ができるとは感動的です。

さて、「ハナミチ東京歌舞伎町」のポスターを見ますと
「和をテーマに歌舞伎町から日本文化を発信!」と書かれています。
「和」がテーマのビルなのですね。大衆演劇場にぴったり。
といいますか大衆演劇場が入ることが決まったのでビルのテーマが和になったようです。
2階には「珈琲西武」という昭和レトロモダンな雰囲気の純喫茶が入ります。
観劇後に仲間とおしゃべりするのにちょうど良さそうですね。
3階、4階には和をモチーフとした飲食店が入ります。
3階の「内藤新宿」は江戸の雰囲気の店内だそう。こちらも楽しみ。

kabuki_pre17.jpg
「ハナミチ東京歌舞伎町」1階。
ここが歌舞伎町劇場の入口です。

kabuki_pre20.jpg
歌舞伎町劇場の看板

kabuki_pre23.jpg
建物に入ってすぐ左手にチケットカウンターがあります。
ちなみにチケットの購入場所とチケットのもぎりの場所は別。その理由は後述します。

kabuki_pre25.jpg
建物1階ロビー。
通路をまっすぐ行くと、男女トイレと喫煙室があります。
劇場は地下1階ですが、劇場フロアにはトイレはありません。1階にあるトイレをご使用いただくことになります。
女性用個室は5個あるとか。大衆演劇場では女性お手洗いに行列ができることが常なので5個もあるのはよいですね。
左手に、地下に降りる階段があります。ここから劇場へ行きます。
右手にカウンターのようなものが見えます。

kabuki_pre27.jpg
ここは「ハナミチカフェ」というお店。歌舞伎町劇場とは経営が別(2階の喫茶西武が運営)です。
開演前にくつろぐのにちょうどよいですね。

kabuki_pre30.jpg
喫煙所

kabuki_pre33.jpg
ビル1階の平面図。
地下1階の劇場へは1階の劇場ロビーから階段を下って向かうことは先述しましたが、エレベーターで劇場に行くこともできます。
劇場ロビーの入口の右手にこの建物のエレベーターがあります。ですからロビーのチケットカウンターを経由せずとも、このエレベーターを使って直接劇場に行くことができます。そのためチケットのもぎりは地下1階の劇場内で行うことになります。

kabuki_pre35.jpg
エレベーター

kabuki_pre37.jpg
ロビーから階段を下りて劇場に向かいます。

kabuki_pre40.jpg
歌舞伎町劇場場内後方より

kabuki_pre42.jpg
劇場右手後方側面にエレベーターがあります。
エレベーターが客席に直通しているので、開演中は地下~1階間のエレベーターの運行を停止する予定とのこと。

kabuki_pre43.jpg
劇場左後方より

kabuki_pre45.jpg
劇場右前方から後方を見たところ。
客席後方上部から黄色いライトが照射されています。
あそこが投光所です。

kabuki_pre47.jpg
特別に投光所があるキャットウォークに入らせてもらいました。
もちろんここには一般のお客さんは入れません。
キャットウォークから見た舞台。

kabuki_pre50.jpg
キャットウォークから投光しているところ。

kabuki_pre53.jpg
劇場には長い花道があります。
客席をつぶしてまでも花道を作るのは大衆演劇場としてのこだわりですね。

kabuki_pre55.jpg
舞台上から見た花道

さてこれからは歌舞伎町劇場自慢の設備を見ていきましょう。

kabuki_pre56.jpg
客席
座ってみましたがとても座り心地がよい。長時間座っても疲れなさそうです。
かなりよい座席を採用したのではないでしょうか。

kabuki_pre58.jpg
定式幕

この後ろにはなんと紗幕(薄く透ける幕)もあります。
私は紗幕を使った演出が好きなので、大衆演劇でどのように活用されるのか楽しみです。

kabuki_pre57.jpg
LEDビジョン
これはすごい!舞台後方一面に設置された超大型スクリーン。
ここにいろんなシチュエーションの背景を投影することができます。
書割(背景幕)をぶらさげる必要がありません。
舞踊ショーではその劇団の背景幕を設置することが多いですが、ここでは画像データさえあれば投影できるので幕を持ってくる必要がありません。
このLEDビジョンは革命的ですね。これぞ新世代の大衆演劇場という感じがします。

kabuki_pre60.jpg
背景だけでなくいろんな映像を用意しています。

kabuki_pre63.jpg
幻想的な動画背景もあり、舞踊ショーではかなり効果的でしょう。

kabuki_pre64.jpg
このLEDビジョン、どれだけゴッツイのだろうか、と思って横を見てみると、、薄い!
LEDビジョンの後ろを通って、役者さんが上手←→下手に移動することができます。

kabuki_pre65.jpg
舞台の中央からせり上げる二重舞台。最大80cmまで上がります。
これもこの劇場ならではの舞台機構。

kabuki_pre67.jpg
これは神社の場面で、二重舞台を少しせり上げたところ。
ちなみにこの柳は歌舞伎町劇場棟梁の手作りだとか。

kabuki_pre70.jpg
画期的なものはまだあります。
舞台のヘリの何か所かに取り付けられた集音マイク。
役者さんがピンマイクを装着しなくても、このマイクが声を拾ってくれます。

kabuki_pre73.jpg
天井にも集音マイクが取り付けてあります。

照明・音響設備もひととおり劇場にそろっています。
ですので、劇団が乗り込んできた際に劇団の照明やスピーカーを取り付ける作業が必要ありません。
これは休みの少ない劇団にとってとてもありがたいことでしょう。

kabuki_pre75.jpg
舞台上手側にある調光・音響卓。

旅芝居らしからぬ?近代的な設備を多く見てきましたがアナログなものもありました。

kabuki_pre77.jpg
天井にある雪カゴ。
手作りで取り付けたようです。もちろん電動ではなく、紐を手で引っ張って揺らします。
この雪カゴはバトンにぶら下がっているわけではないので、雪を入れる際には脚立に登って直接籠に雪を入れることになります。

舞台袖には多くの舞台セットのパネルが置かれていました。LEDビジョンの背景にこうした大道具・小道具を組み合わせて場面を作ってゆきます。LEDビジョンなどを見るとずいぶんリッチな印象を受けますが、劇場側ではなるべくコストをおさえるために手作りできるものは極力手作業で作っています。梱包用の発泡スチロールに色を塗って作ったお地蔵さんや、紙粘土で作った石などを見かけました。

楽屋は上手舞台袖から階段を昇った1階にあります。楽屋には男女トイレ、バスルーム、洗濯機、キッチンがあり、鬘箱を収納できる棚も取り付けられています。

kabuki_pre_tatsumi.jpg
歌舞伎町劇場の杮落し公演をつとめるのはたつみ演劇BOX。
公演日時、公演時間、チケット代などは歌舞伎町劇場ウェブサイトからご確認ください。

新時代の大衆演劇場のオープン楽しみです!


(2023年9月探訪)
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR