WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 和歌山・七福座
FC2ブログ

元役者が経営者となってリニューアルしたビル内劇場 「七福座」

元役者が経営者となってリニューアルしたビル内劇場 「七福座」

和歌山市内にある大衆演劇場七福座(しちふくざ)は2017年10月に杮落とし公演を行いました。
かつて新吉宗劇場として運営されていた施設をリニューアルして、七福座というとてもおめでたい名称の劇場に生まれかわりました。

shichifuku03.jpg
新吉宗劇場が入っていた頃のビル

shichifuku05.jpg
このように七福座にかわりました

shichifuku07.jpg
建物入口

shichifuku10.jpg
入口左手にある看板には1階レストランでテイクアウト可能なメニューが書いてあります。

shichifuku13.jpg
入口入ってすぐ左のレストランの中に劇場受付があります。

shichifuku15.jpg
劇場は3階。エレベーターで移動します。

shichifuku17.jpg
七福座入口

shichifuku20_2.jpg
劇場内。
もともと劇場仕様でなかった施設を劇場に転用したことは、客席前方にある黒い柱を見れば明らか。

shichifuku23_2.jpg
劇場前方
七福神の絵が描いてある定式幕

天井が高めなのは劇場向きといえます。
しかしこの黒い柱はやはりいかんともしがたい。お客さんにとって客席のポジション取りがとても大事になります。

shichifuku25.jpg
定式幕には「澤村一門會与利」とあります。
七福座は元役者の澤村龍太郎さんが経営しているのです。

船に書かれている字はどこの国の文字なのだろうか。

shichifuku27.jpg
澤村一門の劇団の座長の名が入った提灯が飾られています。

shichifuku30.jpg
場内後方

shichifuku33.jpg
客席

shichifuku35.jpg
この日は劇団花組むらさきの公演
花組むらさきは前年9月にも七福座にのり、約1年ぶりにこの劇場に帰ってきました。
「劇団花組むらさきの皆様 お帰りなさい」の横断幕が吊ってあります。いいですねこの暖かい雰囲気。

shichifuku37.jpg
劇団花組むらさき 三代目南條のぼる座長の女形
照明もよいですね

shichifuku40.jpg
二代目藤間美香

shichifuku43.jpg
光はじめさん

shichifuku45.jpg
のぼる座長と美香さん

この公演では特に私の目をひいた役者さんがいました。

shichifuku47_ayahime.gif
それは、二代目彩姫さん(当時12歳)
選曲も服のコーディネイトも振付も自分で行ったものと思われますが、12歳ながらしっかりと自分の世界を表出していて、かつ魅惑的なムードを醸し出しており私はかなり引き込まれました。
個人的に今後注目の役者さんです。

shichifuku50_2.jpg
ラストショー
奥の方にせり上がる舞台があります。七福座の設備のようですね。

この公演の休憩中に、前の席にすわっていたおしゃべりな地元のおばちゃんとお話していたところ、急にそのおばちゃんが「私のこと知ってる?」と言い出しました。当然知らないのでそう答えると、おばちゃんは最近テレビで話題になっている人物であることを教えてもらいました。
マツコの「月曜から夜ふかし」という番組で「ザ行が言えない和歌山のお母さん」として何度か出演した方だそうで、県内外から何千人もこの方のやっているお店に会いに来るのだとか。そんな有名な方なら是非和歌山大衆演劇PR特使になっていただきたいです。

和歌山市内には「ぶらくり劇場」もありますね。七福座とぶらくり劇場は歩いて10分も離れていません。
市の中心地にふたつも大衆演劇場があるなんて和歌山の旅芝居ファンは恵まれていますね。
全国の大きな都市はどこもこのような状況になってほしいものです。

(2019年8月探訪)

城下町にある、殿様の名前を冠した劇場 「新吉宗劇場」

城下町にある、殿様の名前を冠した劇場 「新吉宗劇場」

徳川吉宗は1684年紀州二代藩主徳川光貞の四男として生まれました。兄たちの相次ぐ急逝で紀州藩主となった後、33歳のときに徳川八代将軍となりました。武芸・学問を奨励し、質素倹約がモットーで、木綿を着用し食事も一日二食の一汁二菜。
独立した廟を建てないようにという遺言を残して68歳で亡くなったという。

和歌山駅付近を観光しているとあちこちに「吉宗」の文字を見かけます。

yoshi03.jpg
徳川吉宗像

yoshi05.jpg
徳川吉宗公誕生地

yoshi07.jpg
和歌山城

yoshi10.jpg
天守閣から海を眺める

和歌山市民の誰もが吉宗に親しみをもっていることでしょう。
この地に生まれた大衆演劇場に吉宗の名が冠せられるのは自然なことだと思います。

2013年7月にオープンした新吉宗劇場(オープン当時は吉宗劇場)を訪ねました。

yoshi13.jpg
新吉宗劇場が入っているビル

yoshi15.jpg
葵の御紋の周りに「Wakayama Yoshimune Theater」の文字。
劇場のロゴマークがでかでかとビルに描かれています。

yoshi17.jpg
入口

yoshi20.jpg
入口前に受付(チケット売り場)があります。
入口入ってすぐ左には鈴蘭という喫茶店があります。

劇場は2階です。

yoshi23.jpg
劇場図面
劇場にしてはちょっとかわったレイアウト。

yoshi25.jpg
劇場後方より。
劇場内に入ってまず気が付くのが・・・

yoshi27.jpg
この柱。

これまでいろいろ大衆演劇場を見てきましたので
舞台の前の目立つところに柱があっても驚かなくなりました。

yoshi30.jpg
横から見た舞台前

yoshi33.jpg
新吉宗劇場の客席

yoshi35.jpg
花道

yoshi40.jpg
この日は大入り。
このキャラクターは吉宗公でしょうか。

yoshi43.jpg
お客さんは左の方にかたまっていました。
右の方の席にいた私は公演中にその理由がわかりました。
右側の席にいると花道を見ようとすると例の柱が邪魔するのです。
休み時間に席替えをするお客さんが何人かいました。

yoshi45.jpg
天井は高い。、
このような広い舞台空間の中だと役者も映える。

yoshi38.jpg
しかし舞台の床はそれほど高くない。そして客席の勾配もゆるやかだ。前の席のお客さんの頭が少し気になる。
劇場を設計するにあたり、舞台の高さと客席の勾配の問題は本当に難しいと思う。

写真ではお伝えしにくいのですが
新吉宗劇場はアットホームな雰囲気が魅力です。

yoshi47.jpg
劇場出入り口横に置かれているのは「足置き」
座席の高さが合わないお客さんへの配慮でしょう。

yoshi50.jpg
1階の喫茶鈴蘭から劇場への出前もやってくれるようです。

終演後、喫茶鈴蘭に入ってみました。

yoshi53.jpg
広く明るい喫茶店です。

yoshi55.jpg
人気メニューだというオムライスを注文しました。
美味しかった!

(2015年9月探訪)
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR