WIKIレンタル 大衆演劇探訪記 大阪・阪急庄内天満座
FC2ブログ

駅至近のファッションビルに移転した大阪下町の大衆演劇場 「阪急庄内天満座」

駅至近のファッションビルに移転した大阪下町の大衆演劇場 「阪急庄内天満座」

ある芝居小屋が、リニューアルしたり経営者が変わったりすることにより劇場名称が変わることは割とよくあることです。
けれども劇場名称は変わらないのに場所が移転するという例は大衆演劇では多くありません。

今回は、数少ない移転事例のひとつを紹介します。

2014年9月から2017年1月まで阪急庄内駅の近く、線路の東側に位置していた「阪急庄内天満座」は、2017年3月に線路の西側に移転しました。
なぜ移転したのか?その詳細を私は知りませんが、移転前の阪急庄内天満座が私の中では「日本一ありえない劇場」として強くインプットされていたことはお伝えしておきます。

shounai13.jpg
移転前の阪急庄内天満座劇場内。客席前方に大きな柱が。
ね?絶対ありえない劇場でしょう?

阪急庄内天満座が移転すると知り、私は勝手に胸をなでおろしていたのでした。
新しい天満座を探訪したのは移転からしばらく経った2019年5月です。

h_shounai03.jpg
阪急庄内駅のすぐ南にある踏切より。
あの白いビル、サンパティオの中に天満座があります。

h_shounai05.jpg
サンパティオは地下1階から4階に店舗があるファッションビル。

h_shounai07.jpg
天満座は3階にあります。
案内板の中でもずいぶん目立っているな。

h_shounai10.jpg
入口。エスカレーターが見えていますが、入ってすぐ左にエレベーターもあります。

h_shounai11.jpg
エレベーターを3階で降りて進みますと、右手に「PeeBee(ピービー)」という雑貨屋さんがあります。
この通路の突き当りにあるのが天満座。

h_shounai12.jpg
PeeBeeではご祝儀袋を売っています。1枚65円。
オーダーメイドのオリジナルご祝儀袋を作ることもできます。
(旅芝居専門誌KANGEKI 2019年11月号にこのお店の詳しい紹介記事が掲載されています)

h_shounai13.jpg
天満座の手前に開場時間までに待機できそうな場所がありました。

h_shounai15.jpg
劇場前にたくさんのスタンド花が飾ってあります。
芝居小屋ならではの賑やかな風景よいですね。

h_shounai17.jpg
受付

h_shounai20.jpg
券売機
予約席やビール、缶チューハイなど

h_shounai23.jpg
休憩スペース

h_shounai25.jpg
食事できるテーブルもあります。
私は外でたこ焼きを買ってここでいただきました。

h_shounai27.jpg
劇場入口

h_shounai30.jpg
場内後方より

h_shounai31.jpg
場内左後方より

h_shounai33.jpg
前方の席

h_shounai34.jpg
後方の席
いかにも「天満座」なつくり。座席が高いので、足置きとしておふろイス?が置いてあります。

h_shounai35.jpg
花道

h_shounai37.jpg
前方

h_shounai40.jpg
場内後方

私はこの日、夜の部を観劇しました。17時30分開演です。

h_shounai43_2.jpg
お芝居が終わって口上挨拶

h_shounai45.jpg
舞踊ショーの様子

h_shounai47.jpg

夜の部の公演が20時30分頃に終わって劇場を出ますと、もうサンパティオは閉館したようで、出口は限られているようでした。

h_shounai50.jpg
指定されたエレベーターから退出します。

ちなみに20時40分頃に阪急庄内駅に着けば、新大阪発東京行き新幹線の最終(21時24分発)に乗ってその日のうちに東京に帰ることができるのです。
私にとって大阪遠征の最終日の夜は阪急庄内天満座が定番になるかな、と思っていたらコロナになってしまいました。
私は身内に病気持ちの老人がいることもあり、遠征どころか大衆演芸や芝居を観に行くこともほとんど自粛しております。
早く気兼ねなく大衆演劇観劇の旅に出かけられる日々が戻ってきますように。


(2019年5月探訪、2020年12月ブログ執筆)

安くて近くて庶民的 近所にほしい芝居小屋 「阪急庄内天満座」

安くて近くて庶民的 近所にほしい芝居小屋 「阪急庄内天満座」

大衆演劇の常打ち小屋で一番木戸銭が安いのは大阪新世界の浪速クラブ(1200円)だろう。
続いて同じく大阪のオーエス劇場、梅南座、木川劇場(1300円)。
大阪にはうらやましいことに安い劇場がたくさんあります。

そして2014年に木戸銭が安い劇場がまた大阪に誕生しました。
それは阪急庄内天満座(しょうないてんまざ)。
木戸銭1300円(前売券1100円)。
しかもこの劇場は駅のすぐ近く(徒歩1分)。
立地と木戸銭は申し分ない「大衆」演劇場です。

shounai03.jpg

阪急電鉄宝塚線庄内駅東口を出て右に行くとと歓楽街的にお店がひしめいているエリアがあります。
その中に強い存在感を放って庄内天満座の大きな建物が構えています。

shounai07.jpg
入口

shounai10.jpg
「切符売場」
場内外で目にする、色つきのの太い字で書かれた手書きの掲示。
新しいのになつかしい感じがする劇場。

この劇場がオープンしたのが2014年9月。
その後2015年3月に改修工事が行われました。
私が訪れたのはそのちょうど翌月の4月の公演です。

劇場のスタッフの方が、お客さんに「見てください、こんなに広くなりましたよ」と話しかけている。

新装開業の劇場内に入りました。

入るなり、おっと、と立ち止まった私。

shounai13.jpg
そこには

shounai15.jpg
柱が2本

shounai17.jpg
2本の柱といえば大宮のゆの郷を思い出す。
ゆの郷よりもだいぶ舞台に近いところに立っている。
ここを劇場にするとはなかなか思い切ったチャレンジです。

shounai20.jpg
天井は高くない。舞台は低め。

shounai23.jpg
花道

shounai25.jpg
舞台を見やすくするために段差をつけた客席

この日は劇団都の公演。
ちょうど「花舞台」の撮影が入った回でした。

1部ミニショー。
その後ロビーに出ました。生ビールを売っています。
この和やかな雰囲気が大衆演劇場のよさ。

shounai27.jpg
休憩時間中、「たこ焼きいかがですか」とスタッフの方が劇場内に売りに来ました。さすが大阪。
それを買い求めてたこ焼きを食べながら芝居見物しました。

shounai30.jpg
舞台のが低いので床面がよく見えます。

shounai33.jpg
ラスト舞踊。
都京弥座長と藤乃かな座長の相舞踊。


庶民的な雰囲気とサービス。
便利な場所、安い木戸銭。
こういう劇場が家の近所にあるといいなあと思います。

(2015年4月探訪)


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR